[ジャニーズ・メディアの裏側]

“兄の七光り”が目的!? 赤西仁の弟・颯太スカウト合戦の裏事情

akanishijin08.jpg
お兄ちゃんの名前はいらないってよ

 黒木メイサとのデキ婚からペナルティ謹慎と、派手な報道が相次いだ赤西仁の影に隠れて、実弟である赤西礼保こと俳優・颯太にも不穏な空気が漂っているという。

 赤西より3歳年下の颯太は、高校生時代から芸能界デビューを目指していた。2005年にはイケメンユニット「D-BOYS」オーディションの最終選考まで進出したものの、受賞には至らなかった。その後は映画や舞台の脇役を経て、昨年舞台『三銃士』の主演を飾っている。

 そんな颯太を巡って、複数の芸能プロダクションが所属獲得を狙い、水面下でスカウト合戦を繰り広げていたという。こうして聞くと「赤西の弟」という芸能界でのブランドを意識してのことかと思われるが、真相は少々違っていたようだ。

「赤西の父が、都内で鉄板焼店を経営しているのはファンの間で有名な話ですが、実はこの父、少し前に“ゲルマブレスレット”で一発当てた小金持ちなんです。つまり各プロダクションの颯太獲得作戦は、父親からの金銭的バックアップに期待しての駆け引きだったということです」(週刊誌記者)

 引く手あまたの颯太を獲得したのは、芸能プロ「タップチップス企画」。同事務所の代表は新宿区にあったレストラン経営者というが、現在は多額の負債を抱えて閉店してしまっているという。

「颯太が本名を使わなかったのは、表向きには『兄の七光りと言われるのを避けた』となっていますが、実際はジャニーズサイドに配慮してのことでしょう。勝手に赤西の名前を使っていると思われるだけで面倒だし、ジャニーズからのクレームを恐れる制作サイドが、颯太の起用を自主規制する可能性まである。そんな中で無事颯太を獲得した現在の事務所は、父親から営業資金を工面してもらっているそうですよ」(前出記者)

 しかし現在、颯太のオフィシャルHPは存在せず、窓口は事務所のオフィシャルブログに記載されているフリーのメールアドレスのみ。近年で本人が大きく報じられたのは、赤西が結婚を発表した際、主演舞台の会見で祝福コメントを送った時だけだった。

 とはいえ、父親の強力なバックアップが存在しているのも確か。兄がこうなってしまった今、颯太が活躍の場を広げてくれることに期待したい。

赤西の父、ゲルマ成金だったんか!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー