[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

人気拡大なるか? Kis-My-Ft2主演ドラマ、視聴率はまずまずの出だし

fujigaya03.jpg
雰囲気イケメンなんて言わないで!

 7月15日に放送された瀧本美織主演のドラマ『美男(イケメン)ですね』(TBS系)初回視聴率が10.9%(ビデオリサーチ調べ 関東地区、以下同)だったことが分かった。

 このドラマは、人気韓国俳優のチャン・グンソク、ジョン・ヨンファ、イ・ホンギら3人が、イケメンバンドのメンバーとして出演し、大ヒットした韓国ドラマのリメイク版(既報)。日本版では、ヒロインと四角関係になるメンバー役をKis-My-Ft2玉森裕太と藤ケ谷太輔、Hey!Say!JUMPの八乙女光が演じている。さらに、Kis-My-Ft2はこのドラマの主題歌「Everybody Go」で、8月10日にメジャーデビューすることも決定しており、まさにジャニーズが全勢力を上げてプッシュしている作品でもある。

「同じくイケメンものドラマでは、AKB48前田敦子主演のドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』(フジテレビ系)がありますが、こちらは初回 10.1%、2話が6.0%と大幅ダウン。昨今のドラマは、初回でそこそこの視聴率がとれても、2話から右肩下がりになる傾向があることを思うと、『美男(イケメン)ですね』も、金曜21時枠の初回でこの数字は少々厳しいかもしれませんね」(ドラマウォッチャー)
 
 ただ、「前作の方が断然良い」「なんでパート2なんてやっちゃったの?」と批判の声が多い『花ざかり~』に対し、「イケメンは出てないけどストーリーは面白い」「テンポが良くて見やすかった」と、ストーリーの面では今のところ『美男(イケメン)ですね』に軍配が上がっているよう。

 過去のデビューグループに比べ、デビュー直前にも関わらずいまひとつ盛り上がりに欠けることから、「本当にデビューなんてしちゃって大丈夫?」と不安の声も挙がっているKis-My-Ft2。このドラマの行方が彼らの今後を占うと見られているだけに、なんとか踏ん張って視聴率維持とともに知名度もアップさせてほしい。

『Kis-My-Ft2ファースト写真集「Kis-My-Ft2-1st」』

写真集も買ってあげて!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます】
「キスマイを知ってますか?」デビュー目前のKis-My-Ft2、戦略に迷いか?
「メンバーが”相手”にしちゃうから」過激化するヤラカシ事情
「本当に仕事が入っていたなんて!」とファン歓喜 Kis-My-Ft2横尾渉がドラマ決定

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 『カウコン』意外な舞台裏
  9. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー