[ジャニーズドラマ★ハイライト]

関ジャニ∞・横山裕のスーツ姿に「セクシー過ぎる」との声殺到

yokoyamahirosi.gif
おバカなところもカワイイけどね♪

 9月23日に放送された『世にも奇妙な物語 秋の特別編』(フジテレビ系)の『どつきどつかれて生きるのさ』に主演した関ジャニ∞・横山裕。

 舞台は、ボケとつっこみを最大の文化とする、架空の国”大阪”。一生の相方を決める”コンビ結成法”が制定され、結婚なら半人前、結成してこそ1人前……と言われるこの街で、3年以上どつきあった相方にフラれてしまった中村(横山)は、高級ボケクラブで出会った西本(山崎樹範)に惹かれるが、親の借金を抱える西本は、大金持ちのツッコミと結成式を挙げることに……というストーリー。男女の恋愛においては使い古されてきた展開に、コテコテの大阪文化を加え『世にも~』史上かつてないほど、”笑い”だけに終始した物語となった。


 前作『有閑倶楽部』(日本テレビ系)では、文武両道でクールな菊正宗清四郎役を演じた横山。しかし、普段のキャラクターを知るモノとしては、どうしてもコントにしか見えず、しっくり来ない感が強かった。それに比べて今回は、あまりにもハマり役すぎてビックリ。関西弁がベースになっているせいか、演技力までアップしたように見えるから不思議だ。

 さらに、もっとも女子心をそそったのは、サラリーマン役を演じた横山のビジネススーツ姿。特にラスト、西本の”結成式”に、中村が駆けつけて……という映画『卒業』を彷彿させるシーンで、”ネクタイを緩めたシャツ姿”で現れた横山の姿に「ドキドキしたー」「セクシーすぎ!」とファンの声が殺到。スーツフェチの女子って意外に多いもの。とはいえ、普通の会社員が同じように着崩してもだらしないだけなのに……。やっぱりジャニーズパワーは恐るべし、なのだ。

 雑誌「anan」の「好きなカッコ面白い男」ランキングでは、先輩であるキンキ光一をおさえて3位にランクインした横山。”面白い”と”カッコいい”が共存した今回のようなドラマなら、彼も天下が狙えるかもしれない。

DVD「新宿少年探偵団」

みんな若ッ!!

amazon_associate_logo.jpg

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク