「元極妻」芳子姐さんのつぶやき152

ヤクザが車に乗れなくなる? 「ETC規制強化」問題を元極妻が解説

2023/02/26 17:00
待田芳子(作家)
ヤクザが車に乗れなくなる? 「ETC規制強化」問題を元極妻が解説
写真ACより

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

ヤクザにとっては死活問題のETC規制

 元極妻としてはとても注目している「暴力団」のETC規制問題ですが、いきなりこの3月から規制強化に踏み切ると報じられました。

 ETCカード、皆さんも使ってますよね。口座引き落としで高速料金を払うカード(ETCパーソナルカード)です。係員とかに現金を払う料金所はだいぶ減りましたが、業界的には「全ETC化」を狙ってるそうで、「ヤクザにETCカードを使わせたらイカンのじゃないか」と言いだす人がいたようです。

 今後は申込用紙に暴力団排除条項を入れて、暴力団員は申し込めず、暴力団員であることを隠して申し込んだら詐欺でパクる(逮捕する)ということになります。

 これは事務所使用禁止なんかより、全然厳しいです。クルマに乗れないのは死活問題ですからね。

 「朝日新聞」の記事によりますと、今までも規約に「暴力団関係者であった場合は会員資格を取り消すことができる」旨の文言はあったそうですが、申し込む時に「暴力団員ですか?」みたいな確認もなかったんですね。

久々の「ヤクザと憲法をめぐる裁判」に?

 このETC規制の件、なぜか「朝日新聞」以外の日刊紙はまったく触れてません。どうなってるんでしょうか。

「高速を車で走るのに、やましいことは何もしていない。身分を偽るウソをつくような『ヘタうち』もしていない。それでも暴力団員であることだけを理由にETCを使わせないというなら、徹底的に争うことになる」

 昨年の12月7日付の「朝日新聞」で紹介されていた現役ヤクザの「闘争宣言」です。これもっと注目されていいと思うんですけどね。

 有料記事なのでご紹介できませんが、「徹底的な争い」は、国賠(国家賠償訴訟)の可能性もありますよね。

 昔は「暴対法は違憲」とかでヤクザが提訴したりしていましたが、最近は珍しいです。東京地裁か名古屋地裁ですかね。倍率がかなり高そうですが、傍聴券の抽選にはぜひ並びたいと思っています。

極姐2.0 ダンナの真珠は痛いだけ 待田芳子/著
『ヤクザと憲法』を見返そうかしらね
アクセスランキング
  1. 持ち偏差値より低い中学を受験した娘
  2. 大谷翔平と代理人バレロ氏の心配な報道
  3. 「新しい自分になる」危険ドラッグで8階から飛び降り――「ラリってしまいたい気持ち」を禁止しても意味ない?
  4. メルカリで31万ネックレスが27万に! 4万円の値引きに成功したワケ
  5. 警察がヤクザより力を入れる犯罪組織「トクリュウ」とは? その厄介さを元極妻が解説
  6. 「私には迷信と思えない」幼い息子に起こった異変とは? 奇跡的だったお坊さんの指摘
  7. 皇室の“セックスマニュアル”? その内容は
  8. 「男の宿命的な性」への憎しみ
  9. 秋篠宮さまの“プロポーズ美談”は全部ウソ?
  10. 大谷翔平、違法賭博問題で「裏社会」関係に疑惑?
  11. 憲法は「暴力団員であること」を禁じていない! 餃子の王将社長射殺事件、パソカ規制問題、工藤會死刑判決を元極妻が解説
  12. 132万のジュエリーの代わりに買ったもの
  13. 「美智子さまいじめ」の主犯
  14. 実父の強姦が黙殺された「栃木実父殺し」から現在
  15. 学習院「常磐会」が行った「美智子さまいじめ」
  16. 『大奥』問題がある演出とは?
  17. 夫が愛人と変死した悲劇の皇女
  18. 中学受験の合格手続きでミス
  19. 2023年のクスリ押収量は過去2番目! イーロン・マスクのドラッグ使用疑惑を解説
  20. 中学受験6連敗の母に伝えたいこと