知られざる女子刑務所ライフ161

鳥取連続不審死事件・上田美由紀死刑囚は本当に「事故死」なのか?――元女囚が考える獄死の謎

2023/01/22 17:00
中野瑠美改め瑠壬(るみ)
鳥取連続不審死事件・上田美由紀死刑囚は本当に「事故死」なのか?――元女囚が考える獄死の謎
広島拘置所 Wikipediaより

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

鳥取連続不審死事件の上田美由紀死刑囚が獄死

 鳥取の連続不審死事件で死刑が確定していた上田美由紀さんが獄死したそうですね。法務省的には「事故死」やそうです。

 まだ49歳なのに誤嚥(ごえん)で窒息死……。高血圧、不眠症、狭心症とかの持病があったそうですが、その若さで詰まりますかねえ。

 ニュースによると、亡くなったのは1月14日ですが、なんと10日にも誤嚥で意識不明になって救急搬送されてます。

 メニューは白米や焼きそば、つみれなどで、「何を詰まらせたかは不明」やそうです。麦飯やなく白米なのはなぜでしょうか? 普通は古米または古古米に麦を混ぜたごはんです。

 ムショの炊場(すいじょう、調理施設)にいてた友達も「このメニューなら詰まらんやろ」言うてました。ちなみに炊場は火や包丁を使うので、懲役(受刑者)の中の「エリート」が配属されてます。

 話がそれましたが、まあ麦飯は水分少なめやから、たまにむせることもあります。でも、ムショの焼きそばは細かく切られてますし、ツミレも細かくしたお肉や魚肉を卵とかのツナギでまとめてるだけやから、口に入れたらポロポロ崩れます。むしろ詰まらせるほうが難しいですよね。

 ちうか10日にも詰まらせてるなら、ムショ側が詰まりにくい「医療食」にするとか、気をつけるべきでした。瑠美はムショで歯を抜いたことがありますが、その後しばらくは、糊みたいなベトベトのおかゆと原形をとどめてないペースト状の魚とかの医療食でつらかったです。

「連続不審死事件」で思い出したのは……

 上田さんは、同じような連続不審死事件で死刑が確定した木嶋佳苗さんと比べて、あまり知られてない気がします。木嶋さんのキャラが濃いからですかね。

 2018年で更新は止まってますが、木嶋さんは上田さんに「嫉妬」したと、獄中 (なか)からブログに書いてたことを編集者さんから聞きました。

 「彼は、私より上田さんを選んだのか。ショックだった」そうです。「彼」とはフリージャーナリストの青木理(おさむ)さんで、上田さんを取材した『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件』(講談社)を出してるんですね。

 木嶋さんは、さらに「私は個人的に青木さんの髪が好き。ほんの少し白髪混じりで長めのサラサラした真っすぐな髪が、とても似合ってる。長身痩軀のあのルックスで取材に来られたら、ドキドキしちゃうだろうなぁ。私を選んでくれなかった悔し紛れに言いますけど、私は逮捕当時34歳です。いくら私に興味をそそられないからって、年齢は正しく書いてほしかった」とか、なかなかです。

 瑠美はまったく知りませんでしたが、当時このブログは話題やったそうです。こうゆう「かいらしい」(かわいらしい、けなげな)文章が「モテ」の秘訣かもですね。

女子刑務所ライフ!
木嶋佳苗、新潮社勤務の旦那さんとはどうなったんだろう?
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

鳥取連続不審死事件・上田美由紀死刑囚は本当に「事故死」なのか?――元女囚が考える獄死の謎のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 知られざる女子刑務所ライフのニュースならサイゾーウーマンへ!