2023年1月前半映画館動員ランキング

『THE FIRST SLAM DUNK』が引き続き首位! 6位『かがみの狐城』は”いじめ描写”批判に監督反論――映画館動員ランク

2023/01/18 17:23
サイゾーウーマン編集部
『THE FIRST SLAM DUNK』が引き続き首位! 6位『かがみの狐城』は”いじめ描写”批判に監督反論――映画館動員ランク
写真ACより

 井上雄彦氏の大人気コミック「スラムダンク」の新作劇場アニメーション映画『THE FIRST SLAM DUNK』。同作は1月10日までに累計動員数527万人、興収76億8500万円を記録し、全国の映画館動員ランキング(興行通信社調べ、12月30日~1月5日)で、引き続き1位に輝いた。

 東映は、同週8位の『ONE PIECE FILM RED』が興収190億5639万を記録していることから、2022年の年間興行収入が320億円を突破し、同社の年間興収歴代新記録を更新したことも話題になっている。東映は3月、『シン・仮面ライダー』の公開を控えており、『THE FIRST SLAM DUNK』がさらに興収を伸ばすようなら、昨年の年間興収記録を更新する可能性が出てくる。

 2位は新海誠監督のファンタジー長編アニメーション『すずめの戸締まり』が入った。こちらも昨年から今年にかけてロングランを記録。1月5日までに興収113億円、動員 851万人を突破している。ここ数年、「映画で興収100億を狙うならアニメ」というのが業界の新常識となりつつある。昨年からの流れそのまま、中・長期的に見てもアニメ強しの傾向が続くかもしれない。

 3位はジェームズ・キャメロン監督の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。世界興収2250億円で歴代7位に躍り出る大ヒットを記録中の同作だが、日本では『THE FIRST SLAM DUNK』『すずめの戸締まり』の話題性に敵わず、“大コケ”と揶揄されている。ただ、そうは言われながらも日本での興収は堂々の31億円。『アバター』がコケたというよりも、『THE FIRST SLAM DUNK』『すずめの戸締まり』が強すぎるのだろう。

 4位には、山田貴敏氏の同名人気漫画を吉岡秀隆主演でテレビドラマ化した人気シリーズ初の劇場版『Dr.コトー診療所』が入った。こちらは公開18日間で動員143万1072人、興収18億6789万円を記録。17日間で動員84万2513人、興収11億1479万円だった嵐・二宮和也主演の『ラーゲリより愛を込めて』より、ハイペースで数字を伸ばしている。その『ラーゲリより愛を込めて』は5位にランクイン。こちらは現在公開32日間で動員132万156人、興収17億3802万円となっている。

 6位には公開2週目の『かがみの狐城』が入った。辻村深月氏の本屋大賞受賞ベストセラーを原恵一監督がアニメ映画化した同作は、鏡を通じて不思議な城に集められた中学生の男女7人が城の謎に挑む中で、成長していく様子を描く青春ファンタジー・ミステリー。當真あみ、北村匠海、芦田愛菜、宮崎あおいらが声優を務める。

 SNSなどでは「素晴らしかった」「シンプルに良い映画だった」など、作品を称賛する声が目立つが、いじめの描写などがあり「終わった後に息が苦しくなってしまった」など、ショックを受けたという声も。なお、1月8日に行われた大ヒット御礼舞台あいさつでは、原恵一監督が「いじめ問題の解決を描いていない」というSNS上での批判に対して、「映画って道徳の教材じゃない」と反論したことも話題となった。

 7位は福田雄一監督、吉沢亮主演の『ブラックナイトパレード』。同作は橋本環奈、中川大志という熱愛報道があったご両人に加え、山田裕貴、渡辺圭祐など人気若手俳優が多数出演。公開18日間で動員49万9806人、興収6億1699万円を記録。ネット上では「面白すぎて続きが気になる」「原作に忠実な部分も多くて良かった」など評判は悪くないようだ。なお、8位は前述通り『ONE PIECE FILM RED』。

 そして9位には、仮面ライダーの生誕50周年記念作品として制作された『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIE バトルロワイヤル』がランクイン。同作は人気特撮テレビシリーズ『仮面ライダーリバイス』(テレビ朝日系)と、そのあとを受けて放送が開始された『仮面ライダーギーツ』(同)、放送20周年となる『仮面ライダー龍騎』(同)が参戦する豪華コラボバトル作品。仮面ライダーリバイスの本当の“最後の物語”から始まる第1部と、ギーツ×リバイス×龍騎の共演による“最悪のゲーム”へと突入する第2部がシームレスにつながる構成となっている。

 10位は人気WEB小説『転生したらスライムだった件』の劇場版アニメ『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』だった。

【全国映画動員ランキングトップ10(12月30日~1月5日 、興行通信社調べ)】
1位  THE FIRST SLAM DUNK
2位  すずめの戸締まり
3位  アバター:ウェイ・オブ・ウォーター
4位   Dr.コトー診療所
5位  ラーゲリより愛を込めて
6位  かがみの狐城
7位  ブラックナイトパレード 
8位   ONE PIECE FILM RED
9位   仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIE バトルロワイヤル
10位 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2023/01/18 17:23
映画『かがみの孤城』オリジナル・サウンドトラック
確かに映画は”教材”じゃないからね
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『THE FIRST SLAM DUNK』が引き続き首位! 6位『かがみの狐城』は”いじめ描写”批判に監督反論――映画館動員ランクのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 映画芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!