暗黙のママ友ルールウォッチング

PTA副会長が暴走! 保護者の負担そっちのけで「行事復活」に大張り切り、ワーママはうんざり顔

2023/01/15 16:00
池守りぜね(いけもり・りぜね)

「子ども同士の付き合い」が前提のママ友という関係には、さまざまな暗黙のルールがあるらしい――。ママたちの実体験を元に、ママ友ウォッチャーのライター・池守りぜねが、暗黙ルールを考察する。

PTA副会長が暴走! 保護者の負担そっちのけで「行事復活」に大張り切り、ワーママはうんざり顔
写真ACより

 年が明け、4月から新学年が始まるとなると、ママたちが頭を悩ませるのは「PTA活動」ではないだろうか。PTAへの加入は任意ではあるものの、当たり前のように活動せざるを得ないのが実情。学校によっては、在学中に一度は委員か役員をやらなければならないという暗黙のルールも存在する。

 今回は、仲の良いママ友とPTA役員になったものの、その活動に悩みを抱えるお母さんの話を取り上げる。

PTA役員になったママ友についていけない! 無償で作ったバザー用のスタイに“作り直し”要請

 テイクアウト専門の総菜屋に勤務している泉美さん(仮名・38歳)は、小学5年生の女の子を育てるママ。今年度、仲が良いママ友・奈菜さん(仮名・39歳)からの誘いを受け、PTA役員を務めたという。

「娘が4年生のときに、奈菜さんは推薦委員という役員をやっていたんです。この推薦委員は、秋頃に保護者に対し、翌年のPTA役員にふさわしいと思う人のアンケートを行い、選出された人に電話をかけるという仕事を担っています。奈菜さんは、回答に自分の名前があったのを見て、『誰かに頼むよりも自分がやろう』と思ったそうで、PTAの役員 を買って出ました」

 一方で奈菜さんは、泉美さんに「PTAの役員を推薦するアンケートに、あなたの名前を書いてもいい?」「一緒に役員をやらない?」と聞いてきたそうだ。

「事前に聞いてくれたのはよかったですが、断りづらいですよね。『仕事があるので、あまり活発にできない』と伝えたところ、『あなたの仕事は、早朝から午前までで終わるでしょ。PTAの集まりは午後にあるので大丈夫だよ』って押し切られました」

 PTAのシステムは学校によって異なるが、一般的には学年にかかわらず、学校全体の活動を円滑に行うための作業を担う会長や副会長、会計などは「役員」と呼ばれる。それぞれの学年の代表ともいえる学年委員や、広報委員などの「委員」に比べ、実質的な負担が大きいため、「もし子どもの在学中に役員か委員を一度はやらなければいけない場合、やっぱり委員を選ぶママが多い」そうだ。

「奈菜さんとは娘が同じ幼稚園に通っていて仲が良くなりました。彼女は幼稚園でもPTA役員をやっていて、みんなが嫌がるバザーの運営も率先して引き受けていましたね。絵が得意だからとポスターを描き、近所の学童や学区内の掲示板に貼らせてもらえるよう、各所にお願いしたそうで 、実際バザーは盛況に終わったのですが……奈菜さんの“やる気”についていけなくなるシーンが多々あったんです」

 例えば、保護者が無償で作ったバザー用のスタイやパッチワークの出来が気に食わなかった奈菜さんは、「これ、お金を出してまで欲しいと思うクオリティかな?」と言って作り直しを命じたという。

「ほかにも、出店の店番をママたちに強要したり……やる気がありすぎる彼女に巻き込まれ、周囲はみんな疲れ果てていました」

政治学者、PTA会長になる
張り切るタイプがいると周りが大変なのよ……
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

PTA副会長が暴走! 保護者の負担そっちのけで「行事復活」に大張り切り、ワーママはうんざり顔のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 暗黙のママ友ルールウォッチングのニュースならサイゾーウーマンへ!