これもプロモーションの一環?

ヘンリー王子&メーガン夫人のNetflixドキュメンタリー、監督が降板していた? 番組内容は『ザ・クラウン』より“ドロドロ”な可能性も

2022/11/18 21:00
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
ヘンリー王子&メーガン夫人のNetflixドキュメンタリー、監督が降板していた? 番組内容は『ザ・クラウン』よりドロドロな可能性もの画像1
巨額の契約金でNetflixと契約も泥沼化しているヘンリー王子夫妻(写真/Getty Imagesより)

 Netflixで配信する予定のドキュメンタリー番組をめぐってトラブルになっていると伝えられていたヘンリー王子とメーガン夫人が、同番組の最初の監督と決裂していたことが明らかになった。

 ヘンリー王子夫妻は英王室から離脱した数カ月後の2020年夏に、1億5,000万ドル(約210億円)とも報じられている巨額の契約金でNetflixと契約。その後、2人は「メンタルヘルスを軽んじている」「人種差別的」だと王室批判をするようになり、近日中に配信される予定のNetflixのドキュメンタリー番組では、「王室にとって致命的となるような」批判を展開するに違いないと注目が集まっている。

 番組の監督を務めるのは、人権活動家でもあった伝説の黒人女性歌手を描いた『ニーナ・シモン〜魂の歌』でアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた、リズ・ガルバス。メーガン夫人が、米エンタメ誌「Variety」のインタビューで「長年尊敬してきたベテラン監督に、信頼して私たちの物語を託すことができる」と絶賛している女性だが、実はリズはファーストチョイスではなかったというのだ。

 米ゴシップ誌「Page Six」によると、当初監督に起用されたのは、昨年Netflixで配信された話題作『大坂なおみ』を手がけた女性監督ギャレット・ブラッドリー。リズ同様、アカデミー賞にノミネートされたことがある才能あふれた監督だが、ヘンリー王子夫妻とうまくいかず「何度か厄介な状況に陥ったため」降板したという。

 同誌の関係者によると、「ギャレットは2人の邸宅で撮影を行いたかったが、ヘンリー王子夫妻はそれを快く思わず、受け入れなかった」とのこと。夫妻の代理人は「家の中にカメラを入れるようなリアリティ番組にはしない」と断言していたことから、ギャレットは事実上、2人からクビにされたのではないかとみられている。また、王室のスタッフを泣かせていたとも伝えられているメーガン夫人だけに、キツく当たられたギャレットが自ら降板を申し出た可能性もありそうだ。

 ギャレットはNetflixの上層部からアプローチされ『大坂なおみ』を監督したと報じられているが、今回も同様に上層部の意向で監督に起用されたのかは定かではない。

 「Page Six」は、ギャレットが去った後、ヘンリー王子夫妻側の制作会社が、これまで撮影した映像をかき集めた上で、リズを監督として迎えたとも報道した。

ヘンリー王子とメーガン妃 英国王室 家族の真実
なりふり構わない感じがもはや清々しいわ
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

ヘンリー王子&メーガン夫人のNetflixドキュメンタリー、監督が降板していた? 番組内容は『ザ・クラウン』より“ドロドロ”な可能性ものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! メーガン夫人のニュースならサイゾーウーマンへ!