英国国民もうんざり?

ヘンリー王子、自叙伝は「修正なし」とメーガン夫人の友人が断言! 内容次第で王室追放の可能性も

2022/11/08 20:27
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
来年1月10日に自叙伝『スペア』の発売を控えるヘンリー王子(写真/Getty Imagesより)

 ネット上で「タイトルを見ただけでおなかいっぱい」という声が続出しているヘンリー王子の自叙伝『スペア』。“王位継承者”であるウィリアム王子に万が一のことがあった場合の“予備”として生まれた「スペア」という立場をタイトルにしたのは、メーガン夫人の案ではないかとうわさされたが、内情を知る夫人の友人は「決めたのは王子」「土壇場での内容修正もない」と断言。

 一方、チャールズ国王は本の内容次第では「サセックス公爵」と「公爵夫人」の称号を取り上げ、事実上の王室追放をする構えだと複数のメディアが報じており、そうなった場合、怒り狂ったメーガン夫人が王室に決定的なダメージを与えるような暴露を行うのではないかと世間を騒然とさせている。

 ヘンリー王子は、9月にエリザベス女王が亡くなったことを理由に、当初同月に予定されていた自叙伝の発売を延期。チャールズ皇太子が国王に即位したことを受け、さすがに君主や王妃の悪口や中傷はまずいと焦り、大慌てで内容を修正したのだろうとみられていた。

 そんな中、10月末に出版元のペンギン・ランダムハウスが、自叙伝は来年1月10日に発売すると発表。同時に、『スペア』というタイトルも明らかとなり、自分を“スペア”扱いし続けてきた王室と英国に対する果たし状のようなタイトルだと、ネット上でも波紋を呼んだ。

 なお、この皮肉が効いたタイトルに、英王室専門家たちは「本の黒幕はメーガン」「タイトルも王室批判と被害者アピールを熱心にしているメーガン夫人の提案」だと見解を示した。しかし、メーガン夫人の友人で『自由を求めて ハリーとメーガン 新しいロイヤルファミリーを作る』の著者でもあるオミッド・スコビーが、コラムで「決めたのは王子」だと断言したのだ。

 オミッドは、「Yahoo!ニュース」で連載しているコラムの中で、自叙伝のタイトルを決めたのは王子で「パンチのあるタイトルは、王子自身が早い段階から決めていた」と明言。「ずっとそう呼ばれていた彼が、やっと自分の思うままに行動できるようになった」ことを反映したものだと説明した。

 ゴーストライターのJ・R・モーリンガーが執筆担当した『スペア』は、チーキネス(生意気)がトレードマークのヘンリー王子らしさがちりばめられたチャーミングなものであり、「驚くほど共感できる話も多い」そう。母の死だけでなく、“スペア”である自分を受け入れることに苦しみ、兄には負けたくない気持ち、家族が受け入れてくれない人と恋に落ちたことなどが書かれているという。

 さらに、王族をけなしたり中傷するような内容ではなく、「王室のメンバーたちに同情的な目を向け、思いやりを持ち書きつづった」ものとも言及した。

ヘンリー王子とメーガン妃 英国王室 家族の真実
泥沼の様相を呈してきました
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ヘンリー王子、自叙伝は「修正なし」とメーガン夫人の友人が断言! 内容次第で王室追放の可能性ものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外のニュースならサイゾーウーマンへ!