【連載】彼女が婚外恋愛に走った理由

サブカル好き夫婦の人生を変えたキャンプの夜――お互いの友達との「浮気」がもたらした離婚の顛末

2022/11/06 16:00
いしいのりえ

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃないか? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。

サブカル好き夫婦の人生を変えたキャンプの夜――お互いの友達との「浮気」がもたらした離婚の顛末
(C)いしいのりえ

 健康で活力にあふれ、どんな無茶も利き、睡眠時間が短くてもへっちゃらで、仕事や恋愛に打ち込んできた――そんな20代を過ごした人が「当時は、自分が年を取るなんて夢にも思わなかった」としみじみ語る姿をよく見かける。

「私も20代の頃は『自分最強』って思って、この状態が永遠に続くような気がしていましたよ。まさかそんな自分がアラフィフになるなんて……でも今でも実は違った意味で『最強』って思っています」

 恋愛の延長のような結婚生活に奔走した20代、一人で生きていく覚悟を決めた30代を駆け抜け、現在、40代後半の亜耶さん(仮)。清々しい笑みを浮かべながら、一夜のちょっとした婚外恋愛が、自身の人生を一変させたという稀有な経験を明かしてくれた。

 北関東出身の亜耶さんは、地元の友達も含めて結婚が早かった。

「短大を卒業してからすぐに結婚しました。大学当時から交際していた彼は同い年。とてもウマが合い、離れたくなくって、在学中はずっと『通い同棲』みたいな感じだったんですよ。今月はこっちのアパート、来月はあっち……みたいに。お互いに就職が決まって卒業が近づいてくるにつれて『家賃もったいないね』ってことになって、卒業と同時に、お互いの両親に結婚を報告しに行きました」

 最初は彼のアパートで暮らし、貯金して少し広めのマンションに引っ越したという亜耶さん。地に足をつけて家庭を築くというよりも、「人生ゲームをやっているような……どんどんステップアップしていく感覚が楽しかったんですよ」と語る。

 お互いフルタイムの正社員で働いていたが、 当時はそれほど収入がなかったためか、子どもがほしいとも感じなかったそうだ。

「とにかく、夫と一緒にいることが楽しかったんですよね。当時はまだ『残業推奨主義』みたいな時代でしたから、毎日帰りが夜10時とかザラだったんですけど、クタクタになって帰ってから元夫と一緒にお風呂に入って、くだらない話をする時間が癒やしだったんです。私も元夫もサブカル好きなので、『みうらじゅんの新刊、面白かったよね』とか。金曜日の深夜、ビールを飲みながら『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)を2人で見る時間が今でも忘れられません。本当に楽しかった」

 20代当時の結婚生活を振り返りながら、「私は元夫のファンでしたね」と亜耶さんは目を細めた。

 だからこそ、たった一度の過ちが許せなかったのだろう。

みうらじゅんDS Vol.8「みうらじゅんの肖像」 [DVD]
みうらじゅんも2人の人生を応援してるはず
アクセスランキング
  1. 大谷翔平と代理人バレロ氏の心配な報道
  2. 持ち偏差値より低い中学を受験した娘
  3. 「新しい自分になる」危険ドラッグで8階から飛び降り――「ラリってしまいたい気持ち」を禁止しても意味ない?
  4. メルカリで31万ネックレスが27万に! 4万円の値引きに成功したワケ
  5. 「男の宿命的な性」への憎しみ
  6. 皇室の“セックスマニュアル”? その内容は
  7. 「私には迷信と思えない」幼い息子に起こった異変とは? 奇跡的だったお坊さんの指摘
  8. 警察がヤクザより力を入れる犯罪組織「トクリュウ」とは? その厄介さを元極妻が解説
  9. 秋篠宮さまの“プロポーズ美談”は全部ウソ?
  10. 実父の強姦が黙殺された「栃木実父殺し」から現在
  11. 大谷翔平、違法賭博問題で「裏社会」関係に疑惑?
  12. 「美智子さまいじめ」の主犯
  13. 山口組は分裂9年も平行線、「トクリュウ」が勢力拡大? 元極妻が予想する「2024年のヤクザ情勢」
  14. 国会議員の秘書歴20年が暴露
  15. 厚顔無恥な目利きの銀次、良いところ
  16. 132万のジュエリーの代わりに買ったもの
  17. 中学受験の合格手続きでミス
  18. 夫が愛人と変死した悲劇の皇女
  19. 学習院「常磐会」が行った「美智子さまいじめ」
  20. 憲法は「暴力団員であること」を禁じていない! 餃子の王将社長射殺事件、パソカ規制問題、工藤會死刑判決を元極妻が解説