「元極妻」芳子姐さんのつぶやき143

「池袋半グレ100人大乱闘事件」を元極妻が解説! 「準暴力団」には何の規制もない

2022/10/23 16:00
待田芳子(まちだ・よしこ)
「池袋半グレ100人大乱闘事件」を元極妻が解説! 「準暴力団」には何の規制もないの画像1
写真ACより

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

100人大乱闘でも被害届は出されていない

 10月16日、東京・池袋の高層ビルのレストランで「半グレ100人による大乱闘事件」があったことが報道されていますね。

 でも、報道をよく読むと、「100人」とはレストランの貸し切りの人数で、実際にケンカをしたのは、報道機関にもよりますが十数人程度のようです。

 だいたいガチで100人がケンカしたらお店が壊れちゃいますが、お店はすぐ営業を再開していますし、救急搬送されたのは1人だけです。しかもこの方は軽傷で、病院からずらかっているそうです。ほかにも何人かケガをされているとの目撃談がありますが、いずれにしろ軽傷でしょう。

 そして、店員さんにケガがなかったのはよかったですが、お店が被害届を出していないんですね。それって、「たいした事件ではない」ということですよね。テーブルがひっくり返ってたとか、ビール瓶が割れてたとか報道されていますが、逆に言えばそれだけで、「捜査には協力するけど、それ以上は……」みたいなところですかね。

 ビール瓶を割るくらいなら、ヤクザでなくてもやってるのに、なぜこんなに大きく報道されてしまったのでしょうか?

 やはり貸し切りにしていた団体が半グレで、暴対法上の「準暴力団」指定を受けている怒羅権(ドラゴン)だと報道されているからでしょう。

同じ組織でもみんな仲悪い

 怒羅権の関係者の放免祝い(=刑務所の出所祝い)が行われているところに、何人かの男が入ってきてケンカになったとしている記事もあります。

 要するに宴会中のケンカということで、こんなの昔はヤクザでも普通にありました。同じ組織でもみんな仲悪いですから、お酒が入れば「テメー、コノヤロー」になってしまいます。もともと品行方正な人たちではないですしね。「代紋」のもとに集結する美学みたいなものはあったんで、同じ組織にいるんですけど、シノギやカノジョを盗った盗られたと、いろいろあるわけです。

 今は、山口組などは放免祝いどころか5人以上で集まることもダメなので、レアな「100人で放免祝い」はニュースバリューがあったということかなと思います。

 作家の宮崎学さんは、「『暴力団』として排除しても、すぐに『より悪いもの』が出てくる」と指摘されていましたけど、まさにそういうことではないでしょうか。

極姐2.0 ダンナの真珠は痛いだけ 待田芳子/著
意外に近くにもいるかもしれない
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「池袋半グレ100人大乱闘事件」を元極妻が解説! 「準暴力団」には何の規制もないのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 元極妻・芳子姐さんのつぶやきのニュースならサイゾーウーマンへ!