ヒカル著『心配すんな。全部上手くいく。』レビュー

YouTuber・ヒカルの文体は、村上春樹に似ている――初エッセイ『心配すんな。全部上手くいく。』レビュー

2022/10/20 18:30
島本有紀子(しまもと・ゆきこ)
YouTuber・ヒカルの文体は、村上春樹に似ている――初エッセイ『心配すんな。全部上手くいく。』レビュー
心配すんな。全部上手くいく。』(徳間書店)

 ここ最近、各種SNSで活躍するインフルエンサーのエッセイ本が量産されている。中でも、若者の間でカリスマ的存在の人気YouTuber・ヒカルが9月30日に発売したエッセイ本『心配すんな。全部上手くいく。』(徳間書店)は、発売から数週間で発行部数25万部を突破と大ヒット。Amazonでの評価は星4.6(10月19日時点)と高く、コメント欄も「全部上手くいく気がしました」「持ってるだけで自信がつきます」「おしゃれ」「カッコいい」など、盲目的とも取れるポジティブな感想であふれている。

 その中で目立っていたのが、「彼に興味がない人こそ読んで」「ファンでもそうでなくても楽しめる」「ヒカルのことを知らない人も読んでほしい」「『ヒカル』の本だけど『ヒカル』に囚われず、手に取ってほしい」などのコメントだ。まるでヒカル本人に拡散を頼まれたかのように、似た文言で、熱心に“非ヒカルファンにおすすめ”している人が多いように見える。

 そこで今回は、ヒカルのYouTube動画を見たことがなく、そもそもヒカルが何者かもよく知らず、ゆえに思い入れも興味も一切ない筆者が、非ヒカルファン代表として『心配すんな。全部上手くいく。』を読んでみることに。彼がカリスマと称されるゆえん、またそのファン層が浮き彫りになった。

YouTuber・ヒカルとはつまり何者なのか?

 これまでの経験をもとに、読者に成功をつかむヒントを説く――いわゆる自己啓発書の類いに入るであろう『心配すんな。全部上手くいく。』。

 しかし、ヒカルを知らない読者がこの本で最初に知りたいのは、「ヒカルとは何者か」という部分。「僕」という一人称でつづられる形式の本書からわかるヒカル像をまとめると、

・話術の天才
・先天的にポジティブ
・生まれついての最強メンタル
・日本屈指の影響力を誇る
・忖度せず本音で生き、タブーを恐れない発言をする予測不能のダークヒーロー
・高卒後、一時はニートだったが、いきなりトップ営業マンに
・独立後には情報商材ビジネスでボロ儲け
・数多の炎上を乗り越え、チャンネル登録者数500万人に迫るカリスマYouTuber
・夢は究極、世界を変えること

となる。

 なるほど、ヒカルとは「小学生が夢に見るような、よくわかんないけどなんかすごい人」そのもの。おそらくヒカルは、小学生でも読めるような自己啓発書を書きたかったのではないだろうか(漢字にフリガナはふられていないので、基本的な読み書きができる高学年を想定している気もする)。

 第4章「勝ち方」第3節で、ヒカルは「まずは勝てる場所を探せ」と述べ、「実績十分の強者がいるフィールドでは勝負しない」ことを勧めている。心理学や脳科学に基づいた専門的な自己啓発書はすでにたくさんあるので、意識的にそれらに触れたことのない層を狙ったのかもしれない。

心配すんな。全部上手くいく。
まさか村上春樹の説法と同じだったとは
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

YouTuber・ヒカルの文体は、村上春樹に似ている――初エッセイ『心配すんな。全部上手くいく。』レビューのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ブックレビューのニュースならサイゾーウーマンへ!