暗黙のママ友ルールウォッチング

シャトレーゼとカルディの手土産持参も……ママ友に手作りホットケーキを出され「正直ないなって」

2022/10/09 20:15
池守りぜね(いけもり・りぜね)

「子ども同士の付き合い」が前提のママ友という関係には、さまざまな暗黙のルールがあるらしい――。ママたちの実体験を元に、ママ友ウォッチャーのライター・池守りぜねが、暗黙ルールを考察する。

シャトレーゼとカルディの手土産持参も……ママ友に手作りホットケーキを出され「正直ないなって」
写真ACより

 ママ同士の付き合いの中でも、価値観の違いが出るのが、贈り物や手土産ではないだろうか。コロナ禍の影響で、人の出入りが限られる自宅でのママ友ランチ会が増えている中、今回は、ママ友の集いにおける手土産に不満を抱いたというお母さんの話を取り上げる。

地域センターで知り合ったママ友とLINE交換、家へ遊びに行くことに

 首都圏に住む美奈さん(仮名・32歳)は、今年1月に女児を出産したばかり。育児休暇中だが、普段は紅茶やコーヒーなどの食料品を輸入する商社に勤務している。

「昨年、夫と相談してマンションを購入しました。リモートワークが増えたこともあり、都心から1時間くらいかかるものの、広めの新築マンションに引っ越したんです。周りには私たちと同じように、ここ最近引っ越してきた若い夫婦が多いと聞いてきたので、ママ友ができるかなと期待していたんです」

 美奈さんは子どもが5カ月になった頃から、地元の「地域センター」と呼ばれる乳幼児が集まる施設に足を運ぶようになった。同じくらいの月齢の赤ちゃんを育てているママ友とは、そこで知り合ったという。

「育児雑誌を見て、ママが乳幼児を連れて行ける支援センターや地域センターの存在を知ったんです。まだ子ども乗せられる自転車を持っていなかったので、ベビーカーで行ける距離にあった地域センターに、最初は行ってみることにしました」

 地域センターは、日によって保育士や地域の児童指導員などが在中しており、乳幼児親子向けのイベントも開催されていたり、育児の悩みを相談することもできる。入場料は無料だ。

「私は最初、保育士さんに娘の発達相談をするために通い始めました。そうしたら、次第に顔見知りのママが増え、LINEを交換するようになったんです」

 美奈さんは地域センターで、綾子さん(仮名・37歳)と知り合いになった。綾子さんは、美奈さんと1カ月違いの男児を育児中だった。

「赤ちゃんをあやすことに慣れているなって思ったら、2人目だったんですよ。美奈さんの長女は3歳で、日中は幼稚園に預けているとか。家で赤ちゃんと2人きりだと、息が詰まるそうで、毎日、公園や地域センターに連れて行っていると言っていました」

 美奈さんにとっては育児の先輩ママでもある綾子さん。家も近所のマンションだとわかり、遊びに行くことになった。

「知り合ったばかりの相手の家に行くのは躊躇しましたが、もう一人、地域センターで知り合った佳代子さん(34歳・仮名)も『一緒に行く』というので、お宅にお邪魔することにしたんです」

ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望
ママ友への手土産、シャトレーゼは間違いなし
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

シャトレーゼとカルディの手土産持参も……ママ友に手作りホットケーキを出され「正直ないなって」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラム暗黙のママ友ルールウォッチングのニュースならサイゾーウーマンへ!