映画『オカムロさん』公開記念インタビュー

スタントパフォーマー・伊澤彩織、憧れる対戦相手は早乙女太一!「いつかぜひ刀を交えさせていただきたい」

2022/10/08 13:00
サイゾーウーマン編集部
映画『オカムロさん』に出演する女優・伊澤彩織さん(C)サイゾーウーマン

 『真・事故物件/本当に怖い住民たち』に続く、サイゾーによるホラー映画プロジェクト第2弾『オカムロさん』が、10月14日に公開初日を迎える。

 同作は、江戸時代から言い伝えられている“「オカムロ」という名を聞いたり話したりすると必ず首を狩られる”という都市伝説をモチーフにしたバイオレンス・バトルホラー。短編作『全身犯罪者』で『カナザワ映画祭2021』の観客賞を受賞した期待の新人監督・松野友喜人氏が監督・脚本・出演を担当し、ABEMAの大人気恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』への出演で人気急上昇中の女優・吉田伶香さんが初主演を務める。

 映画の公開を記念し、今回は、吉田さん演じるヒロイン・すずに関わる重要な役を担う女優・伊澤彩織さんにインタビュー。昨年話題となった映画『ベイビーわるきゅーれ』にて圧巻のアクションを魅せた日本屈指の現役スタントパフォーマーでもある伊澤さんに、今作への出演を決めた心境や作品に関する思い、私生活などについて語っていただいた。

監督から「役を足した」と直々にオファーを受け出演へ

――ホラー作品は苦手だそうですが、今作の撮影現場の空気はいかがでしたか?

伊澤彩織氏(以下、伊澤) ホラー映画は苦手で、1人で見れないです……。アクション部の一員としてホラー作品でスタントをした経験は何回かあるんですけど、「こんなに和やかな雰囲気の中、怖いものを撮ってるんだ」という印象がありました。それに、ホラーのほうが思いっきりアクションやスタントができるなと思うので、作品を作るぶんにはいくら怖くても楽しめそうです。

――今作への出演経緯を教えてください。

伊澤 松野監督は、在学時期は被っていないものの、実は同じ日本大学芸術学部映像学科出身で、同じゼミの後輩なんですよ。去年の『カナザワ映画祭』で初めてお会いしたときに「卒業制作を見てください」って『全身犯罪者』の視聴URLを渡されたんです。いざ見てみたら、物語の構成や編集技術、松野さんの演技にも驚がくして、一気にファンになっちゃいました。「いつか松野さんの監督する作品に出たい」ってすごく思っていたし、ぜひこれからも監督や役者として映画業界で活躍してほしいです。

 今回は、アクション監督の三元雅芸さんから「主役のオーディションがあるから来ないか」と誘ってもらって受けたんですが、落ちました。その後、松野さんが私のために新しく役を作ってくれて、「役を足したから出演しませんか」と直々にオファーをいただいたんです。光栄だなと思い、「ぜひお願いします」と返事をしました。

サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

スタントパフォーマー・伊澤彩織、憧れる対戦相手は早乙女太一!「いつかぜひ刀を交えさせていただきたい」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!