視聴者はちむどんどんしていないようで……

朝ドラ『ちむどんどん』、批判記事乱立で「地獄絵図」!? ヒロイン・黒島結菜への重圧が心配されるワケ

2022/07/28 12:17
サイゾーウーマン編集部
朝ドラ『ちむどんどん』、批判記事乱立で「地獄絵図」!? ヒロイン・黒島結菜への重圧が心配されるワケ
写真ACより

 現在放送中のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』に対する視聴者からの批判が、日に日に強まっている。沖縄の本土復帰50年を記念し、料理に夢を懸ける沖縄「やんばる」地域出身の主人公・比嘉暢子(黒島結菜)の半生を描いた作品だが、「前作の朝ドラ『カムカムエヴリバディ』が業界内外で好評だったのと比較すると、『ちむどんどん』の現状は地獄絵図」(スポーツ紙記者)と指摘されているようだ。

 昨年11月1日から今年4月8日まで放送された『カムカムエヴリバディ』は、初回の世帯平均視聴率16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。同作は朝ドラ史上初めて3人の女優がリレーする形で、それぞれ別のヒロイン・安子(上白石萌音)、るい(深津絵里)、ひなた(川栄李奈)による、母、娘、孫の3世代の物語が描かれた。

 一方、今年4月11日からスタートした『ちむどんどん』は、前作の初回を上回る16.7%で発進したが……。

「ネット上でも評判が良かった『カムカムエヴリバディ』は、中盤以降あたりからテレビ誌やエンタメサイトだけでなく、週刊誌も大々的に取り上げるほどのフィーバーぶりで、同作は大好評のまま終了。しかし、後番組の『ちむどんどん』に関しては、視聴者から内容に対するネガティブな反応が続出しており、それを取り上げたネットニュース記事が乱立している状況です」(同)

 『ちむどんどん』が批判されている理由はさまざま。例えば、沖縄の本土復帰50年を記念した作品とうたいながら、今のところ米軍基地問題など、沖縄が抱える課題と正面から向き合っていないストーリーには、視聴者の間で疑問の声が飛び交っている。

「また、登場人物の言動にも批判が多い。開始当初は、暢子の兄である“ニーニー”こと賢秀(竜星涼)の素行の悪さ、また母・優子(仲間由紀恵)がそれをまったく咎めない様子が視聴者を散々いら立たせ、また、暢子の『天真爛漫』という言葉では済まされない、非常識で図々しい言動も、徐々に物議を醸すようになりました」(芸能ライター)

 ここ最近では、7月25日放送の第76話で、暢子の婚約者・青柳和彦(宮沢氷魚)の上司であり、視聴者の間で同作“唯一の良心”と言われていた田良島甚内(山中崇)が発した「母親の一番の不幸は、息子と結婚できないことって言うからなぁ」というセリフがネット上で炎上。「そんなことない」「気持ち悪すぎる」といった声が続出した。

連続テレビ小説 ちむどんどん Part2
天真爛漫って便利な言葉
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

朝ドラ『ちむどんどん』、批判記事乱立で「地獄絵図」!? ヒロイン・黒島結菜への重圧が心配されるワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!