あちこち引っ張りだこな理由がわかる

声優・宮野真守、連ドラ『石子と羽男』出演で反響! 声優業は業界関係者から「及第点」の声

2022/07/25 08:00
サイゾーウーマン編集部
写真ACより

 TBS系「金曜ドラマ」枠で、有村架純と中村倫也がダブル主演を務めている連続ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』。7月22日放送の第2話に、人気声優・宮野真守がゲスト出演し、声優ファンやアニメファンを喜ばせた。

  『石子と羽男』は、4回司法試験に落ちた東大卒の崖っぷちパラリーガル“石子”こと石田硝子(有村)と、たった1回で試験に合格した高卒弁護士の“羽男”こと羽根岡佳男(中村)が、誰にでも起こりうる珍トラブルに挑む中で互い成長していく様子を描いたリーガル・エンターテインメント。昨年10月期に同枠で放送された吉高由里子主演作『最愛』を手掛けたプロデューサー・新井順子氏と演出家・塚原あゆ子氏が再びタッグを組んだオリジナル作だ。

 22日放送の第2話では、シングルマザーの相田瑛子(木村佳乃)から、小学生の息子・孝多(小林優仁)がスマホゲームに課金し、ゲーム会社から高額請求をされ困っているという相談を受けた石子と羽男が、トラブル解決に向けて奔走。宮野は、そのゲーム会社の顧問弁護士で、羽男の元同僚である丹澤文彦役で登場し、ネット上では「弁護士役かっこよかった」「演技うまいし、良い声すぎる」「ちょっといけすかない感じが新鮮だった」と反響が相次いでいる。

 声優業はもちろん、アーティストとして音楽活動を行うほか、俳優として舞台やミュージカルに出演。2020年7~9月期放送の大ヒットドラマ『半沢直樹』第2シリーズ(TBS系)にもゲストとして登場するなど、多方面で活躍している宮野。近年、「顔出し」での仕事を増やしているが、果たして本職ではどのように評価されているのだろうか。業界関係者は以下のように語る。

「高校3年生のときに海外ドラマ『私はケイトリン』(NHK教育)の吹き替えで声優デビューを果たした宮野ですが、それ以前も子役として活動していました。小学生の頃から『劇団ひまわり』に所属し、芝居の技術を学んでいただけに、声優としての技術も長けているほうだと思いますよ。出発点が『顔出しの芝居』であっても、声優としての芝居の『勘』が働くタイプだったのでしょうね」(同)

 芸能人の声優業挑戦について、ネット上ではよく「演技に違和感がある」といったネガティブな声が上がるが、アニメ『DEATH NOTE』(日本テレビ系、06年10月~07年6月)の夜神月役で一躍ブレークした宮野の場合、「子役時代を知る人も限られていますし、声優としての実力のほうが先に開花したので、“芸能人の声優業挑戦”とはまた違う印象。声優としての芝居もうまく身につけている」(同)という。

THE ENTERTAINMENT (初回限定盤 CD+Blu-ray)
『半沢直樹』のとき、「顔がうるさい」って言われてたのを思い出したよ
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

声優・宮野真守、連ドラ『石子と羽男』出演で反響! 声優業は業界関係者から「及第点」の声のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!