暗黙のママ友ルールウォッチング

東京ディズニーランドで、ママ友の行動にあぜん! 「自分の娘の写真しか撮影しない」のは非常識?

2022/07/24 18:30
池守りぜね(いけもり・りぜね)

「子ども同士の付き合い」が前提のママ友という関係には、さまざまな暗黙のルールがあるらしい――。ママたちの実体験を元に、ママ友ウォッチャーのライター・池守りぜねが、暗黙ルールを考察する。

東京ディズニーランドで、ママ友の行動にあぜん! 「自分の娘の写真しか撮影しない」のは非常識?
写真ACより

 いまや持っていない人がほとんどいないほど普及しているカメラ付きのスマートフォン。かつては子どもの成長を撮影するために、高価な一眼レフのカメラを持つママたちも多かったが、スマホに搭載されたカメラが高画質になった今では、「子どもの写真はスマホで撮る」というママが主流だろう。

 夏は外出の機会が多くなるので、子どもを撮影する機会も増えるが、誰でも手軽にできるスマホでの撮影はトラブルがつきもののようだ。今回は、子どもの撮影をめぐるママ友の“暗黙のルール”について、ある女児のお母さんの話を取り上げる。

東京ディズニーランドにママ友グループ3組で来園

 泉美さん(仮名・39歳)は、都内にある幼稚園に6歳になる女の子を通わせている。

「うちの幼稚園は、1学年2クラスしかないアットホームな園。送り迎えで顔を合わすので、ほとんどのママさんと交流があります。この2年はコロナ禍の影響で、園行事が減ったので寂しかったですが、春休みに仲の良いママ同士で、東京ディズニーランドに行ってきたんです」

 泉美さんは、みんなでディズニーランドへ行くことに、最初は乗り気ではなかったという。

「本当は、体験型アトラクションのキッザニアのほうが、子どもも楽しめると思ったんです。でも大のディズニー好きで、娘の誕生日には毎年家族でディズニーランドに出かけているというママ友の美沙子さん(仮名・39歳)に勧められまして……。『今は人気のアトラクションもレビューも抽選制だし、人数制限をしている。そこまで混んでないし、過ごしやすいよ』と言われ、うちはこの2年間ディズニーランドに行っていなかったのもあり、一緒に行こうと思いました」
 
 同い年で、ともに「一人っ子の娘を持つ」泉美さんと美沙子さんは、娘同士の仲が良いこともあって、一緒に遊ぶ機会が多いという。

「うちの子は、どちらかというと引っ込み思案で、友達と遊ぶ時も、相手のペースに合わせるタイプ。一方の美沙子さんの娘は、率先して『これやろう』と、友達を誘うタイプなので、仲間の中でリーダーになりやすいんです。ただ、『もう帰るよ』と言うと、『いやだ。ママたちのいじわる』とすねてしまったり、約束をしていない日にうちに遊びに来たがったりと、ちょっとわがままなところが気になるんですね……家で相当甘やかされているのかもしれません」

東京ディズニーランド完全ガイド 2022-2023
スマホがもたらした新たな問題……
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

東京ディズニーランドで、ママ友の行動にあぜん! 「自分の娘の写真しか撮影しない」のは非常識?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラムのニュースならサイゾーウーマンへ!