オンナ万引きGメン日誌

万引きGメン衝撃! 「玄米泥棒」主婦の犯行を暴露したまさかの人物とは?

2022/07/23 16:00
澄江(すみえ)
写真ACより

 こんにちは、保安員の澄江です。

 再燃する新型コロナウイルスの猛威や終わらぬロシアによるウクライナ侵攻、安倍晋三元首相の銃撃事件など、世の中は不穏なことばかりで憂鬱な日々を過ごしています。この先の世界は、どうなっていくのか。そんな不安を抱えながら巡回にあたっても、万引き犯は自然と目に入ってくるもので、ここのところ捕捉なく終わる日は少ないです。

 捕らえた被疑者を事務所に連行して話を聞けば、さっき出会ったばかりの人から、さまざまな不満や不安を吐露されることになります。慣れていることとはいえ、それを受ける心の負担は大きく、ときには耳を塞ぎたくもなりますが、被疑者から逃がれるわけにもいきません。この人の話を聞くのは、これが最後。そんなふうに値打ちをつけて、被疑者の状況に則した言葉を選んで、再犯しないよう願いながら接しているのです。

 今回は、家族経営の小規模スーパーを悩ませる万引き常習者について、お話ししたいと思います。

万引き犯は「絶対来る」――水曜日消える30キロの玄米

 当日の現場は、東京とさいたまの境目に位置するスーパーJ。住宅街の一角にある家族経営の小規模スーパーです。今回は、決まった商品を定期的に盗まれて困っているという相談をいただき、その犯人の発見と摘発の依頼を受けました。

 この日の勤務は、午前10時から午後8時まで。いつもより勤務時間が長いのは、1回の依頼で確実に仕留めたいからだそうで、なるべく費用をかけずに常習者を退治したいという意向があるようです。最寄駅からバスに揺られて、勤務開始予定時刻より早く現場に到着した私は、詳しい話を伺うべく、開店準備に勤しむ社長兼店長に声をかけました。

「おはようございます。保安の者です」
「保安? ああ、Gメンさんか。あんた、この仕事は長いの?」
「はい、もう40年以上にもなりますが……」
「ほお! それはスゴイな。今日、絶対に来るよ。それだけのキャリアあれば大丈夫だよね? 警備に金を使えるような店じゃないから、きっちり頼むよ」

 おそらくは50代前半くらいでしょうか。どことなくNHK党の立花孝志党首に似ている社長兼店長は、私のことを品定めしながら言いました。

「決まった商品が盗まれていると聞きましたけど、なにを盗られているんですか?」
「外の売場にある30キロの玄米(9,680円)なんだけどね。そんなに売れる商品でもないので、盗まれるようになってしばらくは店頭に1袋だけしか出さないようにしてきたんだけど、決まって水曜日になくなっているんだ」

 この店は、売場面積を広げるため、5キロ以上の精米や調味料の徳用ボトル、トイレットペーパーなど、大きな商品の多くを屋外の売場に陳列しています。従業員が屋外の売場に立つのは、品出しとカゴの整理の時くらいで、ほぼザル状態(なんでも盗める状態にあること)にあるといえるでしょう。

「なるほど。大きいものだから目立つと思いますけど、大体の時間はわかります?」
「少ない人数で回していることもあって、正直、目が届かなくてさ。全然わからないよ。気になる怪しい人がいるわけでもないから、おたくにお願いしたの。今日、水曜日だし、絶対に来ると思うんだよね」

万引き 犯人像からみえる社会の陰
母親が万引きで捕まった現場なんて一生のトラウマもんよ
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

万引きGメン衝撃! 「玄米泥棒」主婦の犯行を暴露したまさかの人物とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! オンナ万引きGメン日誌のニュースならサイゾーウーマンへ!