芸能人の声優挑戦には批判がつきものだけど……

鈴木亮平、映画『バズ・ライトイヤー』吹き替えに称賛続出のウラで……初代・所ジョージは「ミスキャスト」!?

2022/07/18 08:00
サイゾーウーマン編集部
写真ACより

 ディズニーとピクサーが共同制作するフルCGアニメ映画『バズ・ライトイヤー』が7月1日に公開された。ネット上では、日本語吹き替え版で主人公・バズ・ライトイヤー声優を務めている俳優・鈴木亮平に称賛の声が相次いでいるようだ。

 同作は、子どもたちが留守の間に動き出すおもちゃたちを主人公にした大人気ファンタジー『トイ・ストーリー』シリーズの最新作で、シリーズ屈指の人気キャラクター・バズを主役に据えたスピンオフ。おもちゃたちの持ち主である少年・アンディが夢中になった劇中作『バズ・ライトイヤー』を実際に映像化し、“おもちゃのバズ”のルーツとなった、“人間のスペースレンジャー・バズ”の冒険が描かれている。

 バズ役といえば、1996年公開の第一作目からコメディアンの所ジョージが約23年にわたり日本語吹き替え声優を務めてきたが、今作では鈴木が担当。起用が発表された際は、ネット上に「バズは所ジョージでしょ」「なんで所ジョージじゃないの?」「鈴木亮平は演技うまいから好きだけど、うーんって感じ」などと、ネガティブな声も上がっていた。

 そんな中で公開された本作だが、オープニング3日間の興行成績は、3億8,288万9,300円(興行通信社調べ、以下同)と、2019年7月に公開された前作『トイ・ストーリー4』の17億0686万円には遠く及ばなかったものの、映画を見た人からは、「所ジョージじゃないバズって何だかなぁと思ってたけど、鈴木亮平のバズめっちゃ良い」「バズの声に違和感なく見れて、鈴木亮平の演技力に感心した」「所さんのバズに負けず劣らずだと思う」「エンドロール流れるまで本職の声優さんだと思ってた」などと絶賛の声が続出。鈴木の演技力が高く評価されており、「ディズニー、ピクサーのキャスティングはやはり安定」との意見も上がっている。

 ピクサー映画の代表格『トイ・ストーリー』シリーズには、前述した所のほか、俳優・唐沢寿明がメインキャラクター・ウッディ役に起用され、『ファインディング・ニモ』(03年)では、木梨憲武(マーリン役)、室井滋(ドリー役)が出演。また、ディズニー史上最高の記録的大ヒット作となった『アナと雪の女王』シリーズでおなじみの松たかこ(エルサ役)や故・神田沙也加さん(アナ役)など、 これまでさまざまな芸能人が日本語吹き替え声優を務めており、声優顔負けの演技を披露して高い評価を得てきた。

【特典】トイ・ストーリー:4ムービー・コレクション(数量限定)【Blu-ray】(オリジナル・コースター(3枚セット))
鈴木亮平はさすがカメレオン俳優だね
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

鈴木亮平、映画『バズ・ライトイヤー』吹き替えに称賛続出のウラで……初代・所ジョージは「ミスキャスト」!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!