名作のオマージュが多い!

Netflix『ストレンジャー・シングス』シーズン4のトリビア10選! 墓場のシーンにあの殺人鬼の墓石が?【ネタバレ・考察】

2022/07/15 20:56
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

 80年代のアメリカ、田舎町ホーキンスを舞台に、オタクな少年少女たちとその家族が身の毛もよだつ怪異や陰謀に立ち向かうスペクタクル・アドベンチャードラマ『ストレンジャー・シングス』。2016年からNetflixで配信されているオリジナルドラマで、80年代のポップカルチャーやファッションがふんだんに盛り込まれていることから、ノスタルジックな気分に浸れると中高年層を中心に大ウケ。役に共感できると若者層にも支持を得ており、世界中で大ヒットしている。



 5月27日にVol.1(第1~7話)、7月1日にVol.2(第8~9話)の2部作として配信されている『ストレンジャー・シングス』シーズン4は、コロナ禍の影響で3年ぶりの新シリーズであること、80年代のホラー映画へのオマージュが色濃く出ていることなどから、たちまち話題に。



 今月に入り同シーズンの視聴時間が10億時間を突破し、Netflixの英語作品としての最長視聴時間記録を更新。重要なシーンで流れるケイト・ブッシュの「神秘の丘(Running Up That Hill)」は、リリースから37年の時を経てUKチャートで1位を獲得。

 シーズン4のラストエピソードで登場人物のひとりが演奏する、メタリカの「Master Of Puppets」も、配信開始から10日間で音楽ストリーミングサービス・Spotifyにおける再生回数が1750万回を突破するなど、ドラマの人気が音楽界にも影響を与えていると大きな話題になっている。



 Netflixが力を入れ、1話当たり3,000万ドル(約41億円)もの制作費用をかけて作ったという『ストレンジャー・シングス』シーズン4。今回はそんな同作にまつわる10のトリビアをご紹介しよう。


1.『ストレンジャー・シングス』S4、悪役ヴェクナは特殊メイク

 今シーズン、ホーキンスの街を恐怖に陥れる悪役ヴェクナはCGを使わず、全身に特殊メイクを施し作り上げられた。ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズの夜の王や、テレビ映画『チェルノブイリ』(19)の特殊メイクを手掛けたバリー・ガワーに、製作総指揮者のダファー兄弟が「アイコニック(※誰にでもわかる)なヴィランを作ってほしい」と依頼。コンセプト・デザイナーが提案するヴェクナの絵をもとに作成された。

 演じるジェイミー・キャンベル・バウアーの全身の型を石膏でとり、そこに特殊メイクを施し固めてから、それを25ピースに分割。ジェイミーの体に8時間半かけて貼り付けていった。義歯も入れ、コンタクトレンズもつけ、仕上げは潤滑ゼリーで見ての通り全身ベトベト。

 ジェイミーはさぞかし不快だったろうと思ってしまうが、会話や飲食ができるように口は開けられ、耳もきちんと聞こえ、またトイレにも行けるように工夫もしてあり、意外にも普通に過ごせたという。とはいえ、撮影は日中に行われるので、メイク開始時刻は午前2〜3時というハードスケジュールだった。

MASTER OF PUPPETS (REMASTERED) [CD]
1話41億円ってロケ弁もうまいんだろうな
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

Netflix『ストレンジャー・シングス』シーズン4のトリビア10選! 墓場のシーンにあの殺人鬼の墓石が?【ネタバレ・考察】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外のニュースならサイゾーウーマンへ!