デモに参加するセレブって多いのね……

『フルハウス』ステファニー、中絶の権利規制デモをSNSで公開――警棒で女性を殴る映像も

2022/06/28 20:07
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
中絶の権利規制デモ、『フルハウス』ステファニーがSNSで公開――警棒で女性を殴る映像もの画像1
自身のSNSにデモの様子を投稿したジョディ・スウィーティン(写真/Getty Imagesより)

 米連邦最高裁は、現地時間6月24日に「人工妊娠中絶を受ける憲法上の権利を認めない」という判断を下し、これに対する国民の怒りと抗議の声が全米に広まっている。セレブも次々とSNSで抗議声明を発表。全米各地で巻き起こっている抗議デモに参加するセレブもおり、今後、こうした活動に参入する人数は増加するとみられている。



 今回、連邦最高裁が下した判断は、人工妊娠中絶権を合憲だとした1973年の判決を覆すもの。今年5月、連邦最高裁の多数派判事が草案を書いていることがリークされ、こうなることは予測されていたが、「多くの命を奪う銃所持の権利は尊重するくせに、矛盾している!」と怒りの声が噴出。



 若い層を中心に支持されているテイラー・スウィフトは、Twitterで「何十年もかけて女性が自分たちの体に関する権利のために闘ってきたのに、それが奪われてしまった」と嘆き、81万を超えるいいねを獲得。

 ヒラリー・ダフは、「男世界の中において女性は無力なのだということを改めて感じ、ショック状態だった」「抗議の投稿をしてもデモに参加しても、意味ないんだよね。この世は残酷だし、後退してるし、めちゃくちゃだし」と悲しみ、この国において、これまでも、そしてこれからも大変な思いをし続ける有色人種、同性愛者、10代の妊婦たちに対して深く同情した。大御所歌手のバーブラ・ストライサンドは、「(連邦最高裁は)アメリカ版タリバンだ」と過激ツイート。ネット上の注目を集めた。



 自身のつらい中絶経験を語ることで、「女性としての権利を守りたい」と訴えるセレブにも注目が集まっており、13年に不慮の事故で亡くなった俳優のポール・ウォーカーの娘メドウは、新型コロナ・パンデミック中の2年前に中絶したと告白。「自分は精神的にもサポートを得られ、とても安全に中絶手術を受けることができた。でもこの判断が下ったことで、これからは危険な(闇の)中絶が増えることになってしまう」という投稿には共感する声が集まった。



 公共の場で抗議の声を上げているセレブもいる。3年ぶりに復活したイギリスの世界最大級音楽フェス、グラストンベリー・フェスティバルでパフォーマンスしたビリー・アイリッシュとフィービー・ブリジャーズは、「アメリカの女性にとって暗黒の日となった」とステージ上で発言。



 25日に同フェスでパフォーマンスしたオリヴィア・ロドリゴは、中絶を認めないとした判事の名前を挙げ「大嫌い!」と言い放ち、「ファック・ユー」と絶叫しながら歌った。



 多くの男性セレブも今回の判断に反発しており、グリーン・デイのヴォーカリストであるビリー・ジョー・アームストロングは、24日に行ったロンドンのライブで怒りを炸裂。「アメリカ国籍を放棄し、イギリスに移住する」とFワードを連呼しながら宣言し、「ジョークだと思うなよ」と吐き捨てた。



 また、デモに参加して抗議を表明するセレブも。24日にニューヨークで行われたデモには、モデルのカーリー・クロスと夫の実業家ジョシュア・クシュナーが参加。怒りをあらわにしたプラカードを掲げ、行進した。

中絶がわかる本 MY BODY MY CHOICE
殴られてる映像がショッキングすぎて悲しすぎて
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『フルハウス』ステファニー、中絶の権利規制デモをSNSで公開――警棒で女性を殴る映像ものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外のニュースならサイゾーウーマンへ!