映画『クリーチャーズ』公開記念インタビュー

新進女優・斎藤莉奈が語る、「オーディションも撮影現場もオープン」な英国映画界

2022/06/12 11:00
サイゾーウーマン編集部
映画『クリーチャーズ』でヒロイン・アカネ役を演じた女優・斎藤莉奈(写真=橋本美花)

 ホラーコメディ『グレムリン』(1984年)や3Dアニメ『ミニオンズ』(2015年)のような“キモかわいい”キャラクターたちがゾロゾロと登場する、SF映画『クリーチャーズ 宇宙から来た食人族』が6月17日(金)より劇場公開される。

 同作は、英国の大学生たちが野外実習中にUFOに遭遇。UFOから出てきた小型エイリアンたちは人間を次々と捕食し、さらに襲われた人間はゾンビ化してしまうというSFパニックもの。ストーリーは超B級だが、特殊メイク&特殊効果スーパーバイザーに『DUNE/砂の惑星』(21年)のスタッフを迎えるなど、かなり凝ったビジュアルに仕上がっている。

 さらに注目したいのが、食人エイリアンと戦う日本からの留学生・アカネを演じた斎藤莉奈。17年に渡英し、ロンドンを拠点に活動している新進女優だ。『クリーチャーズ』で念願のヒロイン役をつかんだ彼女に、英国映画の内情を語ってもらった。

『クリーチャーズ』は、温かみのあるホラー作品

――斎藤さんは日本ではホラー映画『クロネズミ』(10年)や『冷たい熱帯魚』(11年)などに出演していますが、本作ではヒロインという大役を射止めました。英国に渡って、女優としての夢を掴んだわけですね。

斎藤莉奈さん(以下、斎藤) 私にとって、渡英も英国映画への出演も大きな挑戦でした。憧れていた英国映画でヒロインに抜てきされたことは、もちろん責任感も感じていますが、うれしさが上回っていますね。これからも仕事を続けていく上での、大きな自信にもなると思います。

――SFホラー映画ですが、襲ってくる小型エイリアンはどこか抜けているし、アカネの同級生たちも頭のネジがゆるんでいませんか?

斎藤 エイリアンは襲ってくるし、同級生たちはゾンビになるし、おもちゃ箱をひっくり返したみたいな映画ですよね(笑)。でも、完成した作品を見たら、思いがけず温かみのある作品になっていたので驚きました。クリーチャーたちはぬいぐるみでできていて、撮影現場では1体のクリーチャーを4人がかりで操演していたんです。1カ月あった撮影期間中、その様子をずっと見ていたんですが、手作り感があって温かさを感じるホラー映画に仕上がっていたので意外でした。

――斎藤さんは菜食主義者とのことですが、映画とはいえ、人間を捕食するエイリアンとの共演は抵抗ありませんでしたか?

斎藤 あはは、確かにお肉を食べるという点では、食人エイリアンもミートイーターですね(笑)。私は動物性タンパク質を一切摂らないヴィーガンではなくて、 日本ではその場の雰囲気も加味して卵や魚を食べることもあります。正直、そこまで深くは考えずにオーディションを受けました(笑)。でも、エイリアンのぬいぐるみたちと1カ月間ずっと一緒に過ごしていたので、撮影が終わる頃には彼らのことを愛らしく感じるようになっていました。

 アカネはヤクザの娘で、日本で多くの修羅場を体験し、英国に身を潜めているというキャラクター。生命の大切さを知る女の子なんです。「人肉を食べるなんて許さない」という怒りはなかったのですが、そこは役に徹して演じました。

冷たい熱帯魚【Blu-ray】
こちらも要チェック!
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新進女優・斎藤莉奈が語る、「オーディションも撮影現場もオープン」な英国映画界のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!