約13億円の損害賠償金を支払えるのだろうか……

ジョニー・デップに13億円の支払い命令! 元妻アンバー・ハードが裁判で負けた5つの理由

2022/06/03 20:18
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
ジョニー・デップへの13億円の賠償金支払い命令! 元妻アンバー・ハードが敗訴した5つの理由の画像1
ジョニー・デップ側の主張を強く支持する評決が下された(写真/Getty Imagesより)

 ジョニー・デップ(58)が、元妻アンバー・ハード(36)を相手取り起こした名誉毀損裁判で勝訴した。



 バージニア州の郡裁判所の陪審団は6月1日、「2018年にアンバーが自らのようなDV被害者への支援を訴える記事を米紙ワシントン・ポストに寄稿したことが原因で、DV男のレッテルが貼られ、ハリウッドから干され、名声を失った」と提訴したジョニーの主張をほぼ認める評決を下した。



 アンバーも反訴していたが、ジョニーの弁護団の一員だったアダム・ウォルドマン弁護士による「アンバーはDVをでっち上げた」という発言が名誉毀損に当たるという主張のみが認められた。ちなみに、この弁護士は昨年、機密文書をメディアにリークしたとしてジョニーの弁護団からは解雇されている。



 2年前にジョニーが英タブロイド紙を相手取り行った名誉毀損裁判で、ロンドンの高等法院は、アンバーがジョニーからDV被害を受けていたという報道内容は「ほぼ真実」だと認定。裁判のやり直しを求めたジョニーの訴えも退けた。

 イギリスでは「ジョニーからDVを受けていたことは事実」だと認められていたアンバーが、なぜ今回は負けたのか? 欧米メディアの報道、アンバーの弁護士の発言、ネット上の反応を見ると、敗因は主に5つあるようだ。

アンバーが負けた理由1:信ぴょう性に問題があった


 米ビジネスメディア「Insider」の取材を受けた、法律事務所「West Coast Trial Lawyers」のニマ・ラフマーニー社長は、「アンバーの敗因は、ズバリ信ぴょう性に問題があったから」と分析。うそにうそを重ねて「不必要なうそもついた」ことから、彼女の証言は信用できないと陪審員に思われたのだろうと推測した。



 証言台に立ったアンバーは、「ジョニーに殺されると思った」「数えきれないほど蹴られた」と嗚咽しながら訴えたが、それほどまでの暴行を受けたはずなのに、翌日は腫れていないきれいな顔でテレビに生出演した映像や、ノーメイクに近いのにあざがない顔で外出している写真などが存在するため、信頼性に欠けたようだ。



 離婚時にジョニーからもらう慰謝料を人権団体などに寄付するとしていた件についても、全額は寄付していないことが判明。また、彼女自身が大手ゴシップサイト「TMZ」に、自身の立場が有利になるような情報をタレ込んだ可能性がとても高いという証言も、同サイトのスタッフから飛び出た。



 行きすぎたうそ、大げさなうそは、陪審員に悪い印象を与えてしまう。真実であるかもしれない証言も、すべてがうそだと見なされる。不必要なうそで、アンバー自身が自分の首を絞める結果になったと推測されている。



イーロン・マスク 世界をつくり変える男
頼みのイーロン・マスクも今忙しいよ?
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジョニー・デップに13億円の支払い命令! 元妻アンバー・ハードが裁判で負けた5つの理由のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外のニュースならサイゾーウーマンへ!