ディズニーリゾート大改革を語る【後編】

東京ディズニーリゾート「有料ファストパス」の問題点! USJ「Eパス」のような“高額化”も……テーマパーク専門家が警鐘

2022/06/05 16:00
中島恵(なかじま・めぐみ)

――ディズニーランド開園40周年を来年に控える東京ディズニーリゾートは、現在“大改革”の真っ最中。テーマパークの専門家である明治大学兼任講師・中島恵さんに、その見どころを紹介してもらった前編に続き、後編では、TDRの弱点になりかねない最近の“変化”を指摘してもらった。

東京ディズニーリゾート「有料ファストパス」の問題点! USJ「Eパス」のような“高額化”も……テーマパーク専門家が警鐘
東京ディズニーリゾート“大改革”の影とは――(Getty Imagesより)

(前編はこちら)

 新エリアオープンといった華やかな東京ディズニーリゾート(TDR)大改革の裏側では、ゲストにとって一概には“歓迎できない”大改革も進行中の様子。TDRにおける“光と影”の“影”の部分をウォッチしていきたい。

「ソアリン」「美女と野獣」で有料ファストパス、「夢の国」なのに夢がない!?

 2009年に、オリエンタルランド(OLC)社長(当時)・上西京一郎氏は、マーケティング専門紙「日経MJ」(09年4月27日付)の取材に、「規模を拡大しても入場者数が1.5〜2倍になることはない。一方で修繕費用と固定資産が増える」という意味のことを話していたことがある。これはつまり、入場者を増やすためにTDRの規模を拡大しても、投資額ほどの収益を上げられないということだ。では今回のTDR大改革の投資をどうやって回収するつもりなのかといえば、OLCは、入場者数増加よりも一人あたりの客単価を上げる戦略を発表している。

 その一環なのか、昨年、10月25日~29日を対象に「ハロウィーンモーニング・パスポート」という「開園2時間前からTDRに入場できる」アーリーエントリー等の特典をつけたパスポートを、1枚1万3,000円(税込み、以下同)で販売。

 そして、今月19日からは、入場までに2時間近くかかることも珍しくない人気アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」(東京ディズニーシー/TDS)と「美女と野獣“魔法のものがたり”」(東京ディズニーランド/TDL)で使用できる、有料ファストパス「ディズニー・プレミアアクセス」を1人1回の乗車につき2,000円で導入した。アトラクションの待ち時間を短くできる特別パスポートや有料ファストパスは、今後さらに拡充する流れなのだろう。

 USJでは、すでに有料ファストパス(ユニバーサル・エクスプレス・パス/Eパス)を大々的に導入し、休日は見事に完売している。Eパスには現在、4種類あり、例えば人気の7アトラクションを網羅した「ユニバーサル・エクスプレス・パス 7」は、日によって値段が変わるが、5月の土曜日だと大人/子ども/シニア共通で1枚1万7,800円。混雑期には、2万円を超える日もあるというから驚きだ。入場料(5月の土曜日だと、12歳以上の「大人」は1枚8,900円)とは別にEパスを買うとなると、あまりにも“バカ高い”金額となり、ゲストにとってはかなりの出費といえるだろう。

ディズニーの労働問題
キャストにもゲストにも優しい世界であれ
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

東京ディズニーリゾート「有料ファストパス」の問題点! USJ「Eパス」のような“高額化”も……テーマパーク専門家が警鐘のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! カルチャーディズニーランドのニュースならサイゾーウーマンへ!