伊藤まきの「お片付けSOS」相談!

やってはいけないNG収納、プロが手直し! ビフォーアフターでこんなに変わった!

2022/05/23 19:30
伊藤まき(いとう・まき)

整理収納アドバイザーの伊藤まきが、片付けに訪問した現場で「よくやる作業」「よく伝えるおすすめ収納法」を紹介していきます!

 家の中のモノを収納したのに、結局、すぐに散らかると悩んでいませんか? それは「やってはいけないNG収納」のせいかも。今回は、実例を中心とした「NG収納」とプロが手直しした収納をビフォーアフターで紹介します。

【NG収納.1】上から「平置き」収納

奥の洋服がわからなくなる(C)maki_organize

 洋服や書類は「平置き」すると、最下段のモノが取り出しにくくなります。下のモノを掘るように出すので余計に散らかり、その片付けを後回しにすると、素材が傷む、カビが出る、虫に食われるなどのトラブルを招くことも。

【After】衣類と書類は「タテ置き」に

取り出しやすいが、シワが増える欠点もあり(C)maki_organize

 衣類は、すべて「タテる収納」に直します。靴箱の空き箱を使って支えにすると倒れません。よく着る服が目立つようになるので、出番が少ない服を処分する決意も早まります。

 ただし、洋服を「タテ」にすると折り数とシワが増えるのでNGの方もいます。そんな時は、引き出しをやめてオープンラックへの平置き、もしくはハンガーを使った「吊り収納」に変えます。いずれも「出しやすさ」がポイントです。

【NG収納.2】上から「積み重ねる」小物収納

同じ商品が何個も出てきます(C)maki_organize

 引き出しの中へ、小物を「積み重ねる」実例です。日常雑貨のほか、薬や食材もこんな場面が多いですね。ぜんぶ出すと「探していたモノ」が見つかったり、「虫の残骸」が出てくることも……。お金の無駄使いはもちろん、衛生面から見てもなんとかしたいところです。

【After】小物は「1種1箱」で区切る

見えることで「二度買い」防止に!(C)maki_organize

 小物は「箱」や「透明の袋」で、種類別に分類していきます。お菓子の箱や缶、使っていない保存容器など何でもOKです。手直しの答えは、「上から見える内容」にすること。小物も、寝かせずに「タテ」るように入れましょう。

【NG収納.3】「蓋付きボックス」は散らかる

良い収納は「簡単な出し入れ」(C)maki_organize

 すぐ使いたいモノは「ふた付きの箱」に収納しません。なぜなら、モノを出すときは、気持ちが急いでいます。戻す時はふたを開けるのも面倒になるため、キレイが続きにくくなります。ただし、「長期保管するモノ」や使用するのが「1年に一度」程度ならOK。モノの役割に沿って判断します。

【After】積み重ねは2個まで、「一番上はフタをしない」

今、使うモノを最上段にスタンバイ(C)maki_organize

 これまで通り「ふた付きの箱」に収納する場合は、積み重ねるのは2個までとします。上の段はふたを外して「よく使うモノ」を。下の段には、上の段と同じグループの予備(ストック)や使用頻度の低いモノを入れます。この組み合わせで、段を区切ると使いやすくなります。

片づけ下手でもおしゃれな部屋って言われたい!
下駄箱の棚板、買い足したい
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

やってはいけないNG収納、プロが手直し! ビフォーアフターでこんなに変わった!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 「お片付け・お掃除SOS」伊藤まきのニュースならサイゾーウーマンへ!