“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第595回】

バラバラになった小林麻耶一家と海老蔵家族、スキャンダラスな騒動で一番の心配事

2022/03/29 21:00
神林広恵(かんばやし・ひろえ)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

「女性セブン」4月7・14日号(小学館)

 ロシアによるウクライナ侵攻が続くが、それらの映像を見ていて疑問が。多くの人々がマスクをしていないが、現地やその周辺諸国でのコロナ感染状況はどうなっているのだろうか。故郷を追われ家を奪われ、虐殺まで起こっているといわれるウクライナにおいて、マスクどころではないのかもしれないが、しかしコロナの状況も大いに気になる。

第595回(3/24〜3/29発売号より)
1位「市川海老蔵 『SNSパパ活』乱倫の多重交際」(「女性セブン」4月7・14日号)
参照「海老蔵VS小林麻耶 壮絶バトルが踏みにじる『麻央さんの遺言』(「女性自身」4月12日号)
参照「市川海老蔵 “無法者”扱いで揺らぐ名門寵児の地位」(「週刊女性」4月12日号)
2位「木下ほうか元カノ明かす『恫喝危素顔』」(「女性自身」4月12日号)
3位「独占インタビュー れいわ新撰組大石晃子 女性や弱者を切り捨てる『おっさん政治』にモノ申す!」(「週刊女性」4月12日号)

 いやはや、すごい展開になっている。小林麻耶周辺が。昨日28日、麻耶が再婚を発表した。前夫の國光吟と。しかも麻耶は「父とは縁を切り、母は海老蔵洗脳にかかっているので駆け落ちすることにしました」という驚くべきコメントまでしたのだ。

 それに先立ち、麻耶と國光は義弟・市川海老蔵に対して凄まじい攻撃を開始していた。妹で海老蔵の妻・小林麻央が乳がんの標準治療を受けるまでに時間がかかったのは海老蔵のせいであり、病室で競馬新聞を読み、見舞いに熱心でなかった。父親としても失格。そして妹麻央の逝去後、麻耶が海老蔵に襲われそうになった――などなど。

 そんな事態の中、すごいスクープを放ったのが「女性セブン」だ。海老蔵が複数の女性と密会、しかもSNSを通じて複数の一般女性やインスタグラマーなどに声をかけ、逢瀬を繰り返していたというのだから。

 記事には、女性たちとの“SNSナンパ密会”の詳細が報じられている。3月中旬のまん延防止等重点措置の期間中、YouTubeやインスタグラムなどで130万人のフォロワーを抱えるインフルエンサー女性と、高級そば割烹などで5時間にわたってデートする海老蔵。さらに3月上旬には20代後半の女性とホテルで逢瀬。

 さらに3月10日、地方公演のため福岡入りしていた海老蔵は、ホテルの同じフロアに部屋を取った20代前半女性と密会する。

すぐそばにある。 働きすぎのパパのおはなし
やっぱり変わってなかった海老蔵と、変わり果てた麻耶の対比が皮肉
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

バラバラになった小林麻耶一家と海老蔵家族、スキャンダラスな騒動で一番の心配事のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!