[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

KinKi Kids、後輩ジャニーズと「ユニット結成」構想が明らかに! シングル売り上げ12万枚で25周年好スタート

2022/03/18 08:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman
年々、存在の奇跡度が増していくKinKi Kids(C)サイゾーウーマン

 KinKi Kidsにとって44枚目のシングル「高純度romance」が、3月15日付のオリコンデイリーシングルランキングで12万3,918枚を売り上げ1位に初登場した。7月にデビュー25周年を迎えるベテランユニットとなったKinKi Kidsだが、今後はジャニーズ事務所の仲間たちとの交流も視野に入れているようだ。

 25周年イヤーの第1弾シングル「高純度romance」は、初回盤A・B(CD+DVDまたはBlu-ray)と、通常盤(CDのみ)の3種類でリリース。デビュー曲「硝子の少年」(1997年)を手掛けた松本隆氏が作詞を担当したことでも話題となっている。

「初日の売り上げは前作『アン/ペア』の約12.0万枚(120,187枚)を上回り、12万3,918枚でした。さらに、発売2日目のデイリーランキング(3月16日付)も、1万8,576枚で首位をキープ。2日間の合計は14万2,494枚となりました。KinKi Kidsは『デビューからのシングル連続1位獲得作品数』という記録を更新し続けていますが、今作の好スタートからして週間ランキングでの1位獲得は確実でしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 デビューから25周年目の現在まで安定した人気を誇っているKinKi Kidsは、音楽活動を続けているジャニーズグループの中でベテランのポジションでもあるが、今後は後輩ジャニーズとの仕事の機会を増やしたいと考えているようだ。

 3月17日発売の「女性セブン」(小学館)のインタビューでは、堂本剛が「ぼくはプロデューサー的な感覚でやりたいことがあって。ひとつはジャニーズの中で自分の“推しメン”を集めてユニットをつくってリリースさせること」と構想を明かしている。

 また、もう一つの希望は「関西の子だけで固めたユニット」の結成だと宣言。「プロデューサー兼アーティストとして、そのユニットに自分も加入したいなって(笑い)。ジャニーさんが生きてたら、絶対それをやってると思うんですよね」と、2019年7月に亡くなったジャニーズ事務所前社長・ジャニー喜多川氏に思いを馳せていた。

「この『プロデューサー兼アーティスト』発言はリップサービスかと思いきや、意外と本気で考えているようです。実際、剛は候補のユニット名も挙げており、“ジャニーズイズム”を引き継ぐ表記にしたいと意気込んでいました。KinKi Kidsを含む13組が集結し、昨年12月30日に東京ドームで行われた『Johnny’s Festival ~Thank you 2021 Hello 2022~』が後輩とのユニット結成を考える契機になったのかもしれませんね」(同)

高純度romance(初回盤A)(Blu-ray Disc付) / KinKi Kids (CD)
トラジ・ハイジ再結成でもいいよ
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

KinKi Kids、後輩ジャニーズと「ユニット結成」構想が明らかに! シングル売り上げ12万枚で25周年好スタートのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ堂本剛KinKi Kidsのニュースならサイゾーウーマンへ!