2022年2月後半映画館動員ランキング

Kōki,主演『牛首村』は公開3週目で5位、小松菜奈&坂口健太郎『余命10年』は8位スタート! 映画動員ランク

2022/03/21 17:00
サイゾーウーマン編集部
写真ACより

 漫画家・芥見下々氏による人気コミック『呪術廻戦』(集英社)のテレビアニメを映画化した『劇場版 呪術廻戦0』が、全国の映画館動員ランキング(興行通信社調べ、2月26日~3月4日)で1位を獲得した。同作は、公開73日間で動員885万9,950人、興行収入123億9664万を突破しており、公開11週目もまだまだ大ヒット中だ。

 3月12日からは、同作の人気キャラクターである夏油傑、乙骨憂太、祈本里香を描いた「ビジュアルボード」が50万人限定で入場者特典としてプレゼントされている。こうした特典を求めて来場するリピーターも増えているようで、どこまで記録を伸ばすのか注目が集まる。

 続く2位は、ケネス・ブラナー監督・主演のディズニー作品の『ナイル殺人事件』。公開2週目の同作は、アガサ・クリスティーのミステリー小説を映画化したシリーズの第2弾で、ナイル川を遡上する豪華クルーズ船で起きた殺人事件の謎に挑む名探偵ポアロの活躍を描く。

 前作『オリエント急行殺人事件』(2017年)が高評価だったものの、続編となる同作は賛否両論のよう。SNSや口コミサイトでは、「前作に負けず劣らず面白い」「文句のつけようがないほど完璧」などと絶賛の声がある一方で、「事件が起きるまで長いし、オチもミエミエでつまらない」「ポワロ作品の中でも面白くない原作だからなあ。映画にしてもパッとしなかった」といった厳しい感想も散見される。

 3位には、千眼美子主演の映画『愛国女子—紅武士道』が公開3週目で入った。同作は、幸福の科学総裁・大川隆法が製作総指揮と原作を手掛けたファンタジー・アドベンチャー。天御祖神を本尊とする“日本救済会議”の事務局長にスカウトされた剣道4段の腕前を持つ大和静(千眼)が、事務局長の指導で霊的能力を開花させ、危機に直面した日本の未来を守るために霊的存在に立ち向かっていく様を描く。

 千眼美子は17年、宗教団体「幸福の科学」に出家すると発表し、清水富美加から名前を変えて活動を開始。18年から毎年「幸福の科学」の劇場映画に出演している。なお、千眼は『愛国女子』で一人二役に挑戦しており、口コミサイトには「さすが、演技が上手だった」「富美加ちゃんの殺陣がカッコよかった!」との感想も見られた。

 4位には、不朽の名作をスティーブン・スピルバーグ監督が再映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』が公開4週目でランクイン。1961年に初めて映画が公開され、翌62年「第34回アカデミー賞」では作品賞ほか10部門を受賞。約60年の時を経て再映画化されるとあって、公開前から話題になっていた。

 同作は、移民が多く暮らす1950年代のニューヨークの下町が舞台。互いに敵対するグループに身を置きながら愛し合う若い男女の運命を、華麗な歌と踊りで描く。口コミサイトでは絶賛が目立つものの、「ちょっと期待値が高すぎたかも」「スピルバーグ監督にしてはテンポが悪かった。期待しすぎたかな?」などの声も。“名作×巨匠”の組み合わせということで、観客の目はやや厳しくなっているようだが、どこまで動員を伸ばせるだろうか。

余命10年 memorial edition
無性に“泣き映画”を見たくなるとき、あるよね
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

Kōki,主演『牛首村』は公開3週目で5位、小松菜奈&坂口健太郎『余命10年』は8位スタート! 映画動員ランクのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレント男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!