「牛宮城」は長く続くといいですね……

宮迫博之「牛宮城」話題の一方、GACKTプロデュース「神の赤肉」はひっそり消滅? “SMAPの聖地”焼肉店も一時閉店に

2022/03/05 15:00
サイゾーウーマン編集部
宮迫博之「牛宮城」話題の一方、GACKTプロデュース「神の赤肉」はひっそり消滅? SMAPの聖地焼肉店も一時閉店にの画像1
お元気ですか?(C)サイゾーウーマン

 元雨上がり決死隊・宮迫博之プロデュースの焼肉店「牛宮城」が3月1日、ついにオープンした。同月中は予約で埋まったと報じられているほか、開店初日にはYouTuberとしても活躍中のお笑いタレント・江頭2:50がお祝いに駆けつけるなど、さまざまな話題で注目を集めているが、「長期的に営業継続できるか否かは別問題で、心配な面も多い」(テレビ局関係者)という。

「一部報道では、宮迫が『牛宮城』に2億円近く投資していると伝えられており、まずはこのマイナスをなくしていかなければならない状況でしょう。しかし、東京・渋谷区にある店舗の家賃は月額300万円ほどといわれていて、2月23日にジャーナリスト・丸山ゴンザレス氏のYouTubeチャンネルに登場した赤身肉料理の名店『肉山』(吉祥寺)の創業者・光山英明氏は、『(300万円もの家賃をカバーしようにも)どうやって売ったらいいかわからない』と、『牛宮城』経営の難しさを指摘していました」(同)

 今は開店直後で勢いがあるように見える「牛宮城」だが、この先も高額な家賃を払い続けながら、億単位の投資金を回収していかなければならないとすれば、宮迫は今後、盛り上がりを一過性で終わらせないような工夫が必要だろう。

「これまでも、有名人が経営やプロデュースをした焼肉店は数知れず。元タレントの島田紳助(2011年に芸能界引退)が経営する『日本焼肉はせ川』や、お笑い芸人・たむらけんじの『炭火焼肉たむら』、元大相撲関脇・貴闘力忠茂の『焼肉ドラゴ』など、成功している店ももちろんあります。一方で、“有名人の焼肉店”として当初は話題になったものの、いつの間にか閉じてしまった店も少なくないんです」(同)

 たとえば、現在は体調不良で活動休止中の歌手・GACKTは、16年に「厳選 神の赤肉」のアドバイザー就任が発表され、同11月にゲスト出演した『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)でも紹介していたが、すでに店の公式サイト自体が消滅している。

「『神の赤肉』公式インスタグラムでは、17年11月にオープンした『神の赤肉 はなれ 六本木店』の情報を中心に昨年6月まで情報発信が続いていたものの、『神の赤肉はなれ六本木店は、リニューアルする事になりました』と報告したのを最後に、更新は停止したまま。なお、同じ住所ではすでに『トリヤキ大学』という鶏料理店が営業しています。GACKTがいつまで『神の赤肉』に携わっていたのかも不明ですが、当時、ネット上では『GACKTがアドバイザーの焼肉、おなかいっぱい食べてきた!』『焼肉おいしかった、さすがGACKT』などと好評でした」(芸能ライター)

焼肉トラジ 焼肉のたれ 240g
「トリヤキ大学」の内装がすごい……
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

宮迫博之「牛宮城」話題の一方、GACKTプロデュース「神の赤肉」はひっそり消滅? “SMAPの聖地”焼肉店も一時閉店にのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報お笑い芸人女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!