ママ友グループLINEから

試しに受けた塾のテストで「50点」! クラスの半数が中学受験で“学力差”に焦るママの嘆き

2022/02/27 18:30
池守りぜね(いけもり・りぜね)

今や日常生活において、かかせないツールとなっているコミュニケーションアプリ「LINE」。ママたちの「グループチャット」から浮き彫りになった、彼女たちの悩みや、苦悩、気になる話題を覗いてみる。

写真ACより

 進級や入学を目前に控える2~3月は、小学生向けの塾の入塾テストが活況を迎える。「森上教育研究所」の発表によると、首都圏では、2人に1人が中学受験をするようだ。コロナ禍において、学級閉鎖によるリモート授業の影響もあり、より優れた学習環境で学習できる私立学校の人気が高まっているのかもしれない。

 例年、私立中学の入試は2月1日にピークを迎える。入試の模様を伝えるニュースを目にしたママたちが、子どもの学力を測ろうと塾の学力テストを受けさせるケースも多いようだ。今回は、子どもの塾通いについて悩むママのエピソードを紹介する。

クラスの半数が中学受験! 通信教育を受ける子多数も「うちの子は大丈夫」

 都内に住むあかねさん(40歳・仮名)は、小学2年生の男児と6歳の女児を育てている。

「息子は、自主性を育む“モンテッソーリ教育”を取り入れた幼稚園に通わせていました。その頃のママ友とは今もLINEのグループチャットで連絡を取り合っているのですが、中学受験を考えているママも多くて、中には価値観が合わない人もいます」

 息子が通う小学校でも、クラスの半数が中学受験をするそうだ。

「同じサッカークラブに通っている男の子のママには小6の娘もいるのですが、弟は塾にも通っていないし、のびのびと育てているんだと思っていたんです。でも、お姉ちゃんのほうは受験対策のために塾通いしていたと知って驚きました」

 一方であかねさんの息子は、現在は学校の授業以外の勉強をしていないという。

「周りには通信教育の『チャレンジタッチ』や『スマイルゼミ』を利用している子も多く、ステイホーム期間にママ友の間でよく話題に上がりました。きょうだいや友達の“紹介制度”があり、入会者と紹介者それぞれにプレゼントがもらえるようで、『やるなら会員番号を教えるよ』とママ友からLINEが来たことも。でもうちの子は、学校の授業だけきちんと聞いていれば大丈夫だって思っていたんです」

 あかねさんは都内の私大を卒業しているが、小学校の頃は塾通いをしていなかったという。

「私は中部地方の出身ですが、地元では県立高校のほうが進学率も高く、中学から私立に行く子はまれでした。高校まで公立校で大学から私立に通ったこともあり、中学から私立校に行くという感覚がわからないんですよね……。夫は専門学校卒で資格を取得して働いているため、『そんなに早くから勉強させる必要はない』と言っています」

中学受験を考えたらまず読む本 2022年版
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

試しに受けた塾のテストで「50点」! クラスの半数が中学受験で“学力差”に焦るママの嘆きのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ママ友グループLINEからのニュースならサイゾーウーマンへ!