[ジャニーズ最新言行録]

なにわ男子・大橋和也、番組ロケで「すみません」「0点で大丈夫です」と謝罪連発のワケ

2022/02/24 18:21
華山いの(はなやま・いの)
なにわ男子の画像
料理修行中の大橋和也くん(左から2人目)(C)サイゾーウーマン

 なにわ男子が出演する、価値観アップデートバラエティ『まだアプデしてないの?』(テレビ朝日系)。2月19日の放送では、大橋和也による「まかない飯修行」企画第2弾が行われ、「ミシュランガイド東京2022」で1つ星を獲得した和食の名店「分けとく山」で料理の腕をアップデートした。

 1月8日放送回で、中国料理店の超名店「赤坂璃宮」で修行をした際、店に入る前から「料理のプロの方ってめっちゃ怖くて、ほんまに泣きそう」と弱音を吐いていた大橋は、今回も「和食作っている人も怖いイメージ。怖いな、ほんまに」と何やら及び腰。

 なお、「分けとく山」の野崎洋光総料理長は、「東京2020オリンピック・パラリンピック」の選手村で“メニューアドバイザリー”を務めた日本料理界の重鎮。まかない飯については「まかない=人間そのもの」「“もてなし”がなにかを考えられない人は、まかない作ってもヘタ。心を映し出す料理がまかない」と語り、スタジオでVTRを見ていた大西流星は「厳しい……」とあ然。

 藤原丈一郎も「おいおい、第2弾でレベルが上がりすぎだろ」とコメントする中、大橋は「ほんまに、野崎さん優しい顔してるんですけど、やっぱり言うときはめちゃくちゃ言ってくださるので。めっちゃ怖くてビビりながら調理してました」とロケを振り返った。

 今回、大橋は「素材の味を活かす」ことを大事にしているという「分けとく山」の基本的な“一汁三菜”のまかない料理を作ることに。修行歴3年目で24歳の大橋より1歳年下の濱邊聖也さんを“師匠”に迎え、調理を開始した。

 まず大橋が教わったのは、お米を研ぐ際のコツ。現在は精米の技術が上がり、ぬかが少なく米が傷つきやすいため、優しく3回洗うのが基本だそう。この情報に、西畑大吾は「えっ、ガシャガシャせんの?」と驚がく。大橋は力加減が難しかったのか、濱邊さんに初っ端から「ちょっと優しすぎ」とダメ出しされてしまう。

 その後は、隠し味に豆乳を使った「野崎流たまご焼き」作りに挑戦。豆乳と薄口しょうゆのみを使ったシンプルな味付けで、たまご焼き専用鍋で焼く際は、“たまごの泡を菜箸でつぶし、半熟のうちに箸を添えながら鍋を振り下ろしたときの反動だけで巻く”ことがポイントだというが、料理上手な大橋もこれには悪戦苦闘。

 “まきす”を使ってたまごの形を整えるも、ボロボロな見た目に濱邊さんからは「フォローのしようがないです」と厳しいコメントが。

初心 LOVE(うぶらぶ) (通常盤)
シニア層にも刺さる様子
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

なにわ男子・大橋和也、番組ロケで「すみません」「0点で大丈夫です」と謝罪連発のワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズなにわ男子大橋和也のニュースならサイゾーウーマンへ!