オンナ万引きGメン日誌

“万引き犯”に手を握られ……スーパーの鮮魚部長メロメロ!? 罪を犯した相手に「いつでもうまいもん食わしたる」!

2022/02/12 16:00
澄江(保安員)
警察官の手を握り、執拗に許しを乞う被疑者

 こんにちは、保安員の澄江です。

 先日、とある報道番組で、米国ニューヨーク州のドラッグストアにおける万引き現場の実態を目にしました。摘発しても警察が満足に対応しないことから、警備員は余計なトラブルを避けるべく犯行を見逃しているようで、堂々と商品を持ち出されているありさまです。

 頭を下げて店を出ていく万引き犯を、微笑みながら送り出す警備員の姿を見て我が目を疑う思いがしましたが、どうやら真実のようで世界の終焉すら感じました。この先の世界は、どうなってしまうのでしょうか。老い先短い私にできることなどありませんが、せめて現場の軒先で息絶えることなく、余生を穏やかに過ごせることを願うばかりです。

 日本国内の外国人による万引き被害は相変わらずで、高額品を狙う換金目的の大量万引き被害は全国で頻発しています。昨今は、仕事の減少に起因する生活苦から、やむなく犯行を繰り返す外国人留学生も見かけるようになりました。特定の地域に位置する店舗においては相当数の外国人常習者が潜在しており、昨今のコロナ不況が追い風となって、その裾野は広がっているといえるでしょう。

 今回は、昨年末に捕捉した外国人万引きの事例について、お話ししたいと思います。

 当日の現場は、関東近県を走るローカル線の駅前に位置する総合スーパーS。食料品のほか日用品やコスメドラッグも扱う大きめの店舗で、その品揃えと値段設定が地域で評判の人気店です。本社が西にあるため、店長をはじめとする社員の多くが関西や四国方面の人で構成されている珍しいお店で、皆さんが言葉に気を使わないバックヤードにいると出張にきたような錯覚を覚えます。

 この店に入るのは、かなり久しぶりのこと。裏の通用口から入って事務所に伺い、出勤の挨拶をするため店長を呼び出すと、どことなく亀田史郎さんを彷彿させる30代前半くらいと思しき色の黒い強面の男性が現れました。前に来た時とは違う方で、今回が初対面になります。

「おばちゃんが、今日のGメンはんか? ウチは主婦の常習さんもいれば、外人さんやホームレスの常習さんもぎょうさんおるから、あんじょうたのんますわ」
「はい、よろしくお願いいたします。捕捉があった場合は、こちらで大丈夫ですか?」
「うん、ここに連れてきたって。ガッツリ、シメたるから。ウチの鮮魚部長、万引き好きなんよ」

 どうやら万引き対応は鮮魚部長が担当されているようで、その立場は店長より上のように聞こえます。万引きが好きという言葉の意味を問うてみれば、警察や万引きの実録番組がお好きで、警察や犯罪者との関わりを好む方のようです。そのような人は、たまにいるので、特に気に留めることなく巡回を開始しました。

万引き
こういう男に権力与えちゃいけないという見本
アクセスランキング
  1. 持ち偏差値より低い中学を受験した娘
  2. 大谷翔平と代理人バレロ氏の心配な報道
  3. 「新しい自分になる」危険ドラッグで8階から飛び降り――「ラリってしまいたい気持ち」を禁止しても意味ない?
  4. メルカリで31万ネックレスが27万に! 4万円の値引きに成功したワケ
  5. 警察がヤクザより力を入れる犯罪組織「トクリュウ」とは? その厄介さを元極妻が解説
  6. 「私には迷信と思えない」幼い息子に起こった異変とは? 奇跡的だったお坊さんの指摘
  7. 皇室の“セックスマニュアル”? その内容は
  8. 「男の宿命的な性」への憎しみ
  9. 秋篠宮さまの“プロポーズ美談”は全部ウソ?
  10. 大谷翔平、違法賭博問題で「裏社会」関係に疑惑?
  11. 憲法は「暴力団員であること」を禁じていない! 餃子の王将社長射殺事件、パソカ規制問題、工藤會死刑判決を元極妻が解説
  12. 132万のジュエリーの代わりに買ったもの
  13. 「美智子さまいじめ」の主犯
  14. 実父の強姦が黙殺された「栃木実父殺し」から現在
  15. 学習院「常磐会」が行った「美智子さまいじめ」
  16. 『大奥』問題がある演出とは?
  17. 夫が愛人と変死した悲劇の皇女
  18. 中学受験の合格手続きでミス
  19. 2023年のクスリ押収量は過去2番目! イーロン・マスクのドラッグ使用疑惑を解説
  20. 中学受験6連敗の母に伝えたいこと