カニエの暴走、離婚されたおじさん味がある……

カニエ「娘をTikTokでさらすな」と元妻・キムを批判して大げんかに! 「あなたの私生活の暴露のほうが有害!」と反撃に

2022/02/07 18:58
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

カニエをかばい続けてきたキムが反論!

 「メイン・プロバイダーで、メインで子育てをしている親として、私は子どもたちを精いっぱい守っているつもり。娘には大人の監視のもとに創造性を表現する機会を与えている。それで娘がこの上ない幸せを感じられるのだから」と、TikTokはシカゴがやりたいことなのだと主張。子どもたちにとって親の離婚は大変なことなのに、それを理解しないばかりか、「自分の思い通りにしよう、状況をうまく利用しようと執着する」カニエを非難。私生活を世間に向けて発信する彼の言動に、「私たちみんなが傷ついている」とした。

 これにカニエは、「メイン・プロバイダーって一体どういう意味だ?」と、“大黒柱”という意味の言葉を使ったキムに嫌悪感をあらわに。「娘の誕生日に(パーティー会場を教えず)娘を誘拐しようとしたおまえのことを、全米が目撃したんだぞ!」と激怒。「家の中で息子と遊ぶオレを、セキュリティに監視させた」「オレに盗みの疑いをかけ、シカゴの誕生日の後にドラッグ検査を受けさせた」とし、キムが手掛けるファッションブランドの最高財務責任者で、彼女の良き友人でもあるトレイシー・ロームルスの名前を出し、「キムを操るのはやめてくれ」と呼びかけた。

 その後もカニエは立て続けに投稿をし、「公の場でオレを擁護することはビビってできないけど、オレに直接応援メッセージを送ってくれるセレブはたくさんいるんだ」と強気に。「オレの地元で野球観戦するために子どもたちをシカゴに連れて来たいのに、キムはなぜ阻止するのか」「共同親権が聞いてあきれる」とキムと真っ向から戦う意思を改めて示した。そして、“キムはオレが死ねばいいと思っている”というような被害妄想的な投稿をした後、キムへの批判投稿はすべて削除。

イェー
さすがに今回はちょっと……
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

カニエ「娘をTikTokでさらすな」と元妻・キムを批判して大げんかに! 「あなたの私生活の暴露のほうが有害!」と反撃にのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外のニュースならサイゾーウーマンへ!