【連載】堀江宏樹に聞く! 日本の“アウト”皇室史!!

秋篠宮さま、自宅に出たゴキブリは「つまんで捨てる」! 幼少期は巨大トカゲやヘビ、タヌキを飼育……知られざる皇室生活

2022/01/29 17:00
堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! 

gettyimagesより

堀江宏樹氏(以下、堀江) 今回からは、毎日新聞社の記者・江森敬治さんのご著書、その名も『秋篠宮さま』(毎日新聞社)をみなさんと読んでいきたいと思います。前回までは、週刊誌の記事をベースに昭和末期~平成期の秋篠宮家のあゆみを振り返ってきましたが、今回からご紹介する『秋篠宮さま』は、その内容に宮さまが真正面から“大反論”という実に画期的な書物です。

 イギリスの王室もそうなのですけれど、基本的に王族・皇族は、批判的な記事にこそ「ノーコメント」を貫く立場です。ひとつのルールですが、秋篠宮さまは江森さんの著書の中で、“掟破り”の反論をなさっているんですよね。何に対する反論かは、おいお話していくとして、これがまず興味深かったです。

 そして、この本の表紙。ご覧になってください。

――ティアドロップ型のいかつい黒サングラスの秋篠宮さまが、なにかにまたがっておられますね?

堀江 そうなんです。「こういう生活を、あなたもやってごらんなさいと言われたら、10人中10人が窮屈だと思うでしょう。私も同じ人間ですから…」という秋篠宮さまのコメントが印字された帯で隠されているわけですが、この帯をどけてみると……。

――な、なんですか、これ!?

堀江 ね、怪しいでしょう。公園のアスレチック遊具か、タイとのご縁が深い宮さまとして秋篠宮さまは有名ですから、ゾウの頭? と思いきや、これ、なんとコモドドラゴン(コモドオオトカゲ)ですね(笑)。

Komodo rider
wikimediaより「コモドオオトカゲ」

――3メートルもある大トカゲに馬乗りですか(笑)。

堀江 実は子どもの頃から、巨大なトカゲには親しんでおられたそうですよ。

 宮さまが幼稚園の頃のお話というからには、まだ昭和天皇がご存命の頃だと思います。父宮(現・上皇さま)と母宮(現・上皇后さま)が「おみやげ」に持ち帰ったのが、「ウォーター・モニター」という「コモドドラゴンに次いで大きくなるトカゲ」だったそうで、御所に持ち帰られた当時すでに「1.5メートル」。それを「家族で飼っていた」とか……。

――庶民の家庭にはありえないスケール! なかなか衝撃的な逸話ですね。

堀江 このトカゲは死んでしまった後に剥製になっています。少年時代の宮さまは御所の「魚類研究室」の一室で、研究者に監修されながらも自らの手で、剥製を制作しました。その後につながる生物全般への強い興味を持ったきっかけの一つだとか……。

ナマズの博覧誌 / 秋篠宮文仁/編著 緒方喜雄/編著 森誠一/編著
爬虫類ハンター・加藤と意気投合だね
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

秋篠宮さま、自宅に出たゴキブリは「つまんで捨てる」! 幼少期は巨大トカゲやヘビ、タヌキを飼育……知られざる皇室生活のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 日本のアウト皇室史のニュースならサイゾーウーマンへ!