[ジャニオタ茶飲みトーク]

関ジャニ∞・大倉忠義の魂が抜けた瞬間、なにわ男子・大西流星は瞳孔ガン開き!? ジャニーズ“激写”シーン

2022/01/21 10:00
サイゾーウーマン編集部
「J-GENERATION」2022年2月号(鹿砦社)

――ジャニーズチェックに連日精を出すジャニオタ2人が、アイドル誌を眺めながらよもやま話をダベり中!

B美……永遠の29歳。人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニオタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。
C子……永遠の35歳。デビュー組からジャニーズJr.に降りた月刊誌編集者。好きなアイドルはフレッシュな子。

C子 2022年になっちゃったね~。年末年始はジャニーズ勢が活躍するイベントごとが多かったから、あっという間に駆け抜けたよ。

B美 12月30日に東京ドームで行われた『Johnny’s Festival ~Thank you 2021 Hello 2022~』(以下、『ジャニフェス』)にはKinKi Kids、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King&Prince、SixTONES、Snow Man、なにわ男子の13組が出演して、年明けの1月2日~4日にJohnny’s netオンラインで配信もしてたよね。私は配信でバッチリ堪能したよ~!

C子 大みそかは『第72回NHK紅白歌合戦』にKAT-TUN、Snow Man、SixTONES、King&Prince、関ジャニ∞の5組が出場して、年越しの『ジャニーズカウントダウン2021→2022』は『ジャニフェス』にも登場したデビュー組をはじめ、ジャニーズJr.も参加。『ジャニフェス』を配信してくれたのもうれしかったし、『カウコン』はフジテレビ系の生中継で見れたから、会場に行けなくてもジャニーズづくしの年末年始だったね!

B美 『ジャニフェス』は、ジャニーズ事務所とファンにとって収穫のある良い機会だったと思う。嵐・松本潤が手掛けた演出に絶賛の声が相次いでいたし、SNS上では『ジャニフェス』でほかのグループに興味を持ったファンが、ファンクラブへの入会を報告している例もあったよ。日本のボーイズグループが増えている中で、あらためてジャニーズが盛り上がるきっかけになってよかったんじゃないかな。そうそう、「J-GENERATION」2022年2月号(鹿砦社)も『ジャニフェス』の特集を組んでいたよ。ほら、表紙からスゴいでしょ。

C子 ホントだ~! これって、『ジャニフェス』に出たデビュー組71人の顔写真だよね? 全員分の顔のアップがズラーッと並んでいて、目を引く表紙だわ。なかなか斬新なデザインだけど、“ジャニーズ総出演”っていうのがわかりやすい。

B美 今号は「2021年夢のステージ! Johnny’s Festival出演者名鑑」と題して、13グループをすべて取り上げているのよ。71人の名言や、懐かしショットを紹介するというコンセプトなんだけど。キンキを皮切りに、メンバーごとに1ページずつ写真とテキストが載ってるの。

立ち読みはこちら

A.B.C-Z/BEST OF A.B.C-Z(通常盤Z/3CD)
タッキー、本当ありがとうね
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関ジャニ∞・大倉忠義の魂が抜けた瞬間、なにわ男子・大西流星は瞳孔ガン開き!? ジャニーズ“激写”シーンのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズテラスのニュースならサイゾーウーマンへ!