[ジャニーズ最新言行録]

嵐・二宮和也、ジャニーズの合宿所生活で「生活水準が上がった」と回顧

2022/01/11 17:02
福田マリ(ふくだ・まり)
合宿所エピとしては薄味!(C)サイゾーウーマン

 嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)。1月9日放送回では、二宮がジャニーズの合宿所を振り返る場面があった。

 きっかけとなったのは、今年の春から一人暮らしを始めるというリスナーからのメール。そのリスナーはホームシックを心配しており、「ホームシックはどのように乗りこえたらいいのでしょうか?」とつづられていた。

 これに二宮は「ホームシックですって! あんまない」とピンときていない様子。「ホームシックになる一番の要因ってなんだと思います……?」と考えながら、「僕はちょっと特殊な生活してたからな。合宿所的なところにいたんで」と実家から出たあとは合宿所で暮らしていたため、家族がいない寂しさを感じることはなかったという。

 また、「今思うとですけど、生活水準が上がったんで」と合宿所での暮らしぶりを回顧。通常の一人暮らしの場合、実家より狭い部屋に引っ越し、家事を自分でやらなくてはいけないケースがほとんどだが、合宿所は「飯出てくるし、洗濯物やってくれるし」と、かなり快適な空間だったとのこと。

 「『なんだよ、最高じゃん』ってなったんですよ」「仕事だけしてればよくなった」と、居心地が相当よかったようだ。

 なお、二宮の場合は実家も東京であるため、「帰りたいときに帰れたから」と自由に行き来していたとのこと。「明日早いとか、明日終わるの遅いとかなってくると、合宿所泊まらなきゃってなったから、必然的に」と、仕事のスケジュール次第で合宿所を利用していただけで、必要に迫られたわけではなかったという。

 一方で、実家を出ることで、家族と暮らしていたときのありがたみや不自由さに「なくなってはじめて(気づく)、みたいなところですね」とコメント。「誰かと一緒にいると誰かの都合で動かなきゃいけないけど、実は自分を律していたのかもしれないですね」と話していた。

 また、リスナーに対し、「最初はどう考えてもホームシックになりますよ。これでホームシックを感じなかったら、正月に実家に帰らないですもんね」と、これまでの生活が幸せだったからこそホームシックになると話し、「(ホームシックを)感じて不安になるものではないよね」「感じるってのは幸せなんだろうね」と語っていた。

 この一連の発言にリスナーからは「合宿所そんな快適だったんだ!」「合宿所サイコーすぎてホームシック知らずだった二宮くんに笑った」「確かにあの時代のジャニーズ事務所の合宿所すごそうだな」という声が集まっていた。

福田マリ(ふくだ・まり)

福田マリ(ふくだ・まり)

ジャニーズの話題を欠かさずチェックするため、日々グループのレギュラー番組のテレビ・ラジオをチェック。

最終更新:2022/01/11 17:02
流星の絆 Blu-ray BOX【Blu-ray】
合宿所で聞きたいのはそういうんじゃないんだよ!
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

嵐・二宮和也、ジャニーズの合宿所生活で「生活水準が上がった」と回顧のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!