女性の悩みを解決!

【薬剤師監修】風邪をひいたときの“NG行動”3つ! 寒気には「葛根湯」(かっこんとう)がおすすめなワケ

2021/12/31 13:30
相田彩(薬剤師)
【薬剤師監修】風邪をひいたときのNG行動3つ! 「すぐ熱を下げる」も実はよくない!?の画像1
写真ACより

 忙しさや疲れ、気温差などで、体調管理をしているつもりでも、うっかり風邪をひいてしまうことは誰にでもありますよね。風邪は、ウイルスなどが体に侵入したことで起こる熱や咳、喉の痛みなど、さまざまな症状をまとめたものを指します。

 風邪のウイルスは約200種類以上あるといわれており、今のところ薬はありません。つまり、風邪を早く治すためには、薬に頼るよりも自分自身の体の持つ働きを高めることが大切といえます。そこで今回は、風邪をひいたときのNG行動や素早く治す対処法、おすすめの漢方薬を薬剤師がご紹介します。

1.本当はNG! 風邪をひいたときに「やってはいけないこと」

 まずは、風邪をひいたときにやってはいけないことを3つご紹介します。

1-1.悪化するまで休まない

 風邪をひいても、仕事などがあるとついつい頑張りすぎてしまう人は多いはず。しかし、「風邪が悪化したら休もう」という考えは危険です。悪化する前にしっかり休んだほうが、結果として治りは早くなります。

 風邪をひいたときには無理をせず休み、特に睡眠時間をしっかり確保しましょう。質のよい十分な睡眠をとることで体の持つ働きも高まり 、風邪のウイルスを早く撃退できます。寒気を感じるときは、布団をしっかりかけて、ゆっくり休みましょう。

1-2.薬ですぐに熱を下げる

 風邪の症状がつらいと、すぐにでも改善したいと思いますよね。しかし、風邪をひいてしまったときに薬などで無理やり症状を抑え込むと、かえって風邪をこじらせてしまうことがあります。

 風邪をひいたときに熱がグッと上がるのは、私たちの免疫機能が風邪のウイルスや病原体の増殖を防ぐための防御反応でもあります。そのため、解熱剤を使ってあまりにも早く熱を下げてしまうのは、かえってよくない場合があるのです。

1-3.サウナで汗をかく

 風邪のときに「サウナで汗をかくと早く治るのでは」と考える方もいますが、あまりよい対処法とはいえません。サウナで汗をたくさんかいても、風邪の症状が和らぐことはなく、かえって体温調節機能を混乱させたり、体力を消耗させたりしてしまうことも。無理はせず、休養を大切にしたほうが風邪を早く治せます。

心も体もととのう 漢方の暮らし365日
「とりあえず葛根湯」じゃダメなのか~!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

【薬剤師監修】風邪をひいたときの“NG行動”3つ! 寒気には「葛根湯」(かっこんとう)がおすすめなワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性のカラダのニュースならサイゾーウーマンへ!