お久しぶりです

2021年、“大炎上”のその後――音楽フェス『NAMIMONOGATARI』の顛末、絵本作家・のぶみ氏や小倉ゆうかは今

2021/12/31 16:00
サイゾーウーマン編集部

 2021年も、さまざまなタレントや有名人がネット上で騒がれた。大炎上しても、その後“鎮火”して人々から忘れ去られ、結末すらわからないままになっている出来事も多い。そこで今回は、2021年にネット炎上を起こした主役たちのその後を追ってみた。

2021年、大炎上のその後――音楽フェス『NAMIMONOGATARI』の顛末、絵本作家・のぶみ氏や小倉ゆうかは今の画像1
Getty Imagesより

音楽フェス『NAMIMONOGATARI 2021』出演者、逮捕されていた

 緊急事態宣言下の8月29日、愛知県常滑市で開催された音楽フェス『NAMIMONOGATARI 2021』。観客のほとんどがノーマスク、客席は密状態、さらに酒類の提供を行うなど、コロナ禍とは思えない会場の様子がSNS上で拡散されると、世間から大バッシングを浴びることとなった。

 その後、イベントを主催した「office keef 株式会社」が公式サイトに謝罪文を掲載し、開催の経緯を説明。イベント前日、愛知県に緊急事態宣言が発令されたことから、中止や延期は「物理的にできなかった」とのこと。しかし、イベント会場を管理する愛知県の大村秀章知事は「自分たち(主催者)に都合の良いように、事実と異なる記述がなされている」と抗議。ネット上でもこの謝罪文について指摘や批判が飛ぶなど、騒動はなかなか収まらなかった。

「『NAMIMONOGATARI 2021』に出演したラッパーのZeebraやAK-69らもSNSで謝罪しましたが、批判はやまず。また、8人組ヒップホップグループ・BAD HOPに至っては、『「NAMIMONOGATARI」の主催者で、9月にも横浜で同じようなフェスを行う』といった虚偽の情報がネット上で拡散された影響で、横浜アリーナで行う予定だったライブを延期する事態に発展。こうした状況により、同業者の間でもイベント主催側を擁護する声は皆無に近く、12年に同フェスに出演したヒップホップユニット・RHYMESTERの宇多丸は、8月30日放送の『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ)で『反省しろとしか言いようがない』と苦言を呈していました」(芸能ライター)

 その後、次第にネット上のバッシングは収束したが、11月17日にあるニュースが飛び込む。『NAMIMONOGATARI 2021』に出演していたラッパー・¥ellow Bucksが、大麻所持の疑いで逮捕されたのだ。この際、一部メディアが「『NAMIMONOGATARI』に出演したラッパー」などと報じたこともあり、ネット上では「どんどんラッパーのイメージが悪くなる」「『やっぱりな』としか言えない」「フェスの件といい、この界隈にはあきれるばかり」など、厳しい声も飛んでいた。

「ここ数年、Creepy Nutsがテレビで活躍している影響などもあり、ヒップホップのイメージが向上していただけに、立て続けに残念なニュースが出て、ショックを受けるファンもいるようです。ネット上には『これから、ヒップホップフェスの開催は厳しくなるだろうな……』『頑張ってる人たちに迷惑かけないでほしい』といった書き込みもみられました」(同)

 一方、¥ellow Bucksは12月21日、自身のTwitterで不祥事を謝罪しつつ、来年1月7日に「とんでもない事が起こる」などと告知。活動再開を示唆している。

小倉優香カレンダーブック 2020
「お騒がせ」というか、「騒がれたい」だよね
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

2021年、“大炎上”のその後――音楽フェス『NAMIMONOGATARI』の顛末、絵本作家・のぶみ氏や小倉ゆうかは今のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレント男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!