高橋ユキ【悪女の履歴書】

84歳男性と「何度も男女関係ありました」――中年パート主婦2人が独居老人を絞殺するまで【群馬・独居老人殺人事件:後編】

2021/12/25 17:00
高橋ユキ(たかはし・ゆき)

世間を戦慄させた事件の犯人は女だった――。平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。自己愛、欲望、嫉妬、劣等感――罪に飲み込まれた闇をあぶり出す。

写真ACより

 1983年の仕事納めも近い年の瀬の群馬県。国鉄桐生駅にほど近い中心街に、織都の栄華を残す元遊郭の3階建てアパートがあった。この2階に住む逸見隆史さん(仮名・84=当時)は、市役所や新聞社、生命保険会社などを渡り歩いたのち、8年前に退職。年金と息子からの仕送りで、年末の慌ただしさとは無縁な一人暮らしをしていた。

 ところが、12月20日に部屋の布団で発見された逸見さんは、絞殺されていた。年をまたぎ、84年1月8日に逮捕されたのは、静岡に住む主婦2人。野口ミツ(仮名・49=当時)と、共犯の柿山奈美(同・50=当時)だった。

▼前編▼

84歳の逸見さんと「男女関係がありました」

 年金と息子からの送金で、六畳一間のアパートに質素に暮らしていた逸見さんは、貯金から友人や知人に金を貸していた。しかも利息をとるのだが、これが安くはなかった。

「2,000円借りて、4日後に返したら元金、利息含んで2,500円になっていた」(近所の老人の話)

 この逸見さんからも、ミツは金を数回借りていたのだ。近所の主婦が言う。

「あのおじいさんがよく取り立てに来ていましたね。『いつ来てもいない』とこぼしてましたよ」

 タクシー運転手の男と再婚したころには、新しい夫のきょうだいの手前もあり、隣近所への金の無心は控えるようにはなっていたが、サラ金からは以前にも増して借りまくり、パチンコ屋通いの日々も相変わらずだった。

 これに気がおさまらないのが、金を貸しっぱなしだった逸見さんである。再婚先を突き止め、返済を迫ったのだ。

 これにはミツも頭を抱え、逸見さんの住むアパートの管理人に相談を持ちかけた。そのうえで、管理人も交えて話し合いが持たれたのだが、この管理人が、なぜか2人を前に、男女関係の有無を問いただした。

 それには理由があった。逸見さんは、高齢にもかかわらず、日頃からアパート内でこう公言していたからだ。

「女に不自由して困る」
「朝は、いまでも元気に立っちゃって」

 ミツは管理人の出し抜けの問いに、「(男女関係は)ありました」とぽつり答えた。それも「数えられないくらい」だったという。近隣からは“見栄っ張り”で“演技をする”という評判だったミツの言葉をどこまで信じられるかという問題はあるが、この日は結局、逸見さんの借金返済要求は、断念せざるを得なくなったという。

つけびの村
サイ女らしいクリスマス記事でしょ?
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

84歳男性と「何度も男女関係ありました」――中年パート主婦2人が独居老人を絞殺するまで【群馬・独居老人殺人事件:後編】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! タグを削除: 悪女の履歴書 悪女の履歴書のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック