2021年12月前半映画館動員ランキング

嵐のライブ・フィルム『5×20 FILM』公開3週目で2位、初登場『あなたの番です 劇場版』は初登場5位! 映画動員ランク

2021/12/21 16:04
サイゾーウーマン編集部
写真ACより

 全国の映画館動員ランキング(興行通信社調べ、12月4日~12月10日)が発表され、スパイダーマンの宿敵“ヴェノム”を主人公にした『ヴェノム』シリーズ最新作『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が公開2週目で1位を獲得した。

 同作は、ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)と、地球外生命体でエディに寄生する相棒のヴェノムが、連続殺人鬼に寄生した最凶の敵・カーネイジを相手に繰り広げる戦いを描く。公開10日間ですでに動員76.8万人、興行収入11.3億円を記録する大ヒットで、最終的に21.9億円の興行収入をあげた前作を超えられるかに注目が集まりそうだ。

 2位には、現在グループ活動を休止している嵐のライブ・フィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories』が公開3週目でランクイン。堤幸彦監督が手掛けた同作は、東京ドームで開催された1日限定ライブの模様を、100台を超えるカメラで余すところなく記録したものだ。

 こちらも12月15日に動員100万人、興収31億円を突破するほどの大ヒット中。嵐ファンからの反響も大きく、ネット上には「とても感動するし、最高な映画ライブだった!」「嵐ファンのお友達と一緒に行ったんだけど、2人で泣いちゃった」「やっぱり嵐が大好きだな〜って、あらためて実感した。何度でも見たい」など、絶賛の声が上がっている。

 3位にも、公開3週目のディズニーアニメーション『ミラベルと魔法だらけの家』が入った。魔法の力に包まれた不思議な家に暮らすマドリガルと、家の中でただ一人魔法が使えない少女・ミラベルを主人公に、魔法が世界から失われる危機を救おうと奔走するミラベルの姿が描かれる。

 なお、日本語吹き替え版でミラベルの声優を務めるのは、オーディションを勝ち抜いた19歳の新人女優・斎藤瑠希。映画とともに、斎藤の今後の活躍にも注目したいところだ。

This is 嵐 LIVE 2020.12.31(初回限定盤Blu-ray)【Blu-ray】
ますます嵐に会いたくなっちゃうよ!
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

嵐のライブ・フィルム『5×20 FILM』公開3週目で2位、初登場『あなたの番です 劇場版』は初登場5位! 映画動員ランクのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 映画男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!