高橋ユキ【悪女の履歴書】

49歳主婦、借金1000万円で一家夜逃げの先で……パート仲間をつなげた「サラ金」【群馬・独居老人殺人事件:前編】

2021/12/24 17:00
高橋ユキ(たかはし・ゆき)

世間を戦慄させた事件の犯人は女だった――。平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。自己愛、欲望、嫉妬、劣等感――罪に飲み込まれた闇をあぶり出す。

写真ACより

【群馬・独居老人殺人事件】

 1983年の仕事納めも近い年の瀬の群馬県。国鉄桐生駅にほど近い中心街に、織都の栄華を残す元遊郭の3階建てアパートがあった。この2階に住む逸見隆史さん(仮名)は、市役所や新聞社、生命保険会社などを渡り歩いたのち、8年前に退職。年金と息子からの仕送りで、年末の慌ただしさとは無縁な一人暮らしをしていた。

 84歳とは思えぬほど元気な彼の趣味は競艇とパチンコ。近所の米屋の主人は、きちんとスーツにネクタイをしめた逸見さんが自転車にまたがり外出するのをよく見かけていた。

 3キロほどある桐生競艇場には、レースがあるたびにこの自転車で出かけていたが、舟券は買ってもせいぜい500円くらいで、もっぱら観戦だったという。

 ところがここ2日ほど、元気なはずの逸見さんの姿が見えない。自転車も止められたままだ。

 不審に思ったアパート管理人の母親が、外から逸見さんの部屋を眺めても、窓にはすだれがかかっていて、中の様子がわからない。ドアを叩くも応答はない。部屋に入っても人の気配がない。ところが布団を見ると、逸見さんはその中で浴衣姿のままうつぶせになって死んでいた。

静岡に暮らす2人の中年女性

 12月20日にアパート管理人の母親により発見された逸見さんは、絞殺されていた。ところが、部屋には争った形跡がなかったことから、桐生署の捜査本部は、顔見知りによる犯行と断定。聞き込みで「中年の女性2人が逸見さんを訪ねていた」ことを掴む。

 さらに、部屋からは逸見さんの預金通帳が盗まれており、そこから90万円が引き出されていることもわかった。このとき、銀行の防犯カメラは女の姿を映していた。

 年をまたぎ、84年1月8日に逮捕されたのはその女・野口ミツ(仮名・49=当時)と、共犯の柿山奈美(同・50=当時)だった。

 ふたりは静岡県に暮らす主婦。サラ金から大金を借りているという共通点があった。ミツは10年ほど前から逸見さん方に出入りし、逸見さんから金も借りていたという。遠く離れた桐生市に住む逸見さんとは、どのようにして出会ったのか。

 逮捕されたミツと奈美は、その日のうちに桐生署に移送された。このとき、ミツは待ち構える報道陣を前に「ごめんなさい。お騒がせして申し訳ありません」と、しおらしく頭を下げた。その顔は、今にも涙で崩れそうにも見える。

つけびの村
パートに出て金銭感覚が変わってしまったのか?
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

49歳主婦、借金1000万円で一家夜逃げの先で……パート仲間をつなげた「サラ金」【群馬・独居老人殺人事件:前編】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書のニュースならサイゾーウーマンへ!