アレック・ボールドウィン、2人死傷した銃暴発事故で「引き金を引いていない」「誰かが実弾を装填した」と主張

2021/12/03 21:41
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
アレック・ボールドウィン、2人死傷した銃暴発事故で「引き金を引いていない」「誰かが実弾を装填した」と主張の画像1
銃暴発事故後、初めてインタビューに応じたアレック・ボールドウィン(写真/Getty Imagesより)

 俳優アレック・ボールドウィン(63)が主演映画の撮影現場でスタッフ2人を死傷させた銃暴発事故後、初めてニュース番組のインタビューに応じ、「自分は銃の引き金を引いていない」「銃には入っているはずのない実弾が装填されていた」と主張した。

 事故は現地時間10月21日に、米ニューメキシコ州で行われていた西部劇映画『Rust』のリハーサル中に発生。アレックが、助監督から、銃は空である「コールドガン(空の銃)」だと手渡された銃で演習をしていたところ暴発し、至近距離でカメラを構えていた撮影監督ハリーナ・ハッチンズ(享年42)の胸に銃弾が貫通し、死亡。ハリーナの後方にいたジョエル・ソウザ監督(48)も負傷した。

 アレックは翌22日、Twitter で「悲劇的な事故で、ショックと悲しみで言葉を失っている」「捜査に全面協力する」とコメント。30日には車でつけ回してくるパパラッチに怒りを抑えながら、「捜査中だから事故については何も発言できない」「撮影では偶発的な事故は起きるが、今回のような事故はめったにない」「(撮影で)本物の銃を使うべきなのかどうなのか、見直すべきだと思う」とコメントする姿を、米ニュースサイト「TMZ」が動画付きで伝えている。

 そんなアレックが、米ABCニュース番組の単独インタビューに応じた。同局は12月1日に予告編を公開し、アレックが嗚咽しながら「ハリーナは誰からも好かれる人だった。尊敬もされていた」と話す姿、「いまだに信じられない。現実のものと思えない」と憔悴しきった顔で声を絞り出すシーン、また「台本には引き金を引くとは書いてなかったはずですよね」と質問され、「引き金はひかれていない。私は引き金を引いていないんだ」「ノーノーノーノー。私は人に銃を向けて、引き金を引くなんてことは絶対にしない」と真剣な顔で主張するシーンを流した。

 げっそりとやつれたアレックは、「被害者面はしない」と明言したが、「自分の身に起きた最悪のこと」だと語り、実弾はどのようにして撮影現場に持ち込まれたかについては、「検討もつかない。でも誰かが、持ち込んではいけない実弾を銃に装填したんだ」と説明。今なお混乱している様子だった。

ボス・ベイビー
全部CGになる世界もそう遠くないかも?
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

アレック・ボールドウィン、2人死傷した銃暴発事故で「引き金を引いていない」「誰かが実弾を装填した」と主張のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外のニュースならサイゾーウーマンへ!