役者は大変……

香里奈、大島優子は「関西弁に違和感」!? 高畑充希は“エセ新潟県”!? 方言の演技が物議を醸した俳優

2021/12/04 16:00
サイゾーウーマン編集部
愛知・名古屋出身の香里奈 (C)サイゾーウーマン

 モデルで女優の香里奈が11月16日、都内で行われた大阪王将が主催するアワード『THE BEST GYOZANIST2021』の授賞式にプレゼンターとして登壇。自身が出演する餃子のCMについて、周囲から「イントネーション違うね」と指摘されたことを明かした。

 9月より大阪王将「羽根つきスタミナ肉餃子」のCMキャラクターを務めている香里奈。CMでは「これ、大阪王将の羽根つき餃子とちゃうやろ。大阪王将はフタがいらん。しかも油が跳ねへん!」などと大阪弁でまくしたてているが、香里奈は撮影を振り返り「お相手の役者さんが関西の子だったので、レクチャーを受けながら楽しくやりました」と明かすと同時に、「出身が名古屋なので、大阪弁のイントネーションのちょっとした違い、ニュアンスが違ったので難しかった」と苦労を吐露。

 さらに、CMの評判について「友だちから『大阪弁頑張っているね』という声から『イントネーション違うね』といろいろな意見もいただいています」と明かしていた。

「同CMの放映が始まると、ネット上では『香里奈の大阪弁、どうにかならないの?』『イントネーションに違和感しかない』『このCM見るたびにムズムズする』『なぜ関西出身の女優を起用しなかったのか』と苦言が続出しました。ちなみに、大阪王将は香里奈の前に茨城出身の鈴木奈々を起用していて、関西出身者の起用にこだわりはなさそうです」(芸能ライター)

 そんな香里奈のほかにも、方言を用いた演技が賛否を巻き起こした例は少なくない。

「連ドラ『スカーレット』(NHK、2019~20年)で好演し、女優として株を上げた元AKB48・大島優子も、同作で披露した関西弁(滋賀弁)が『結構うまい』『めっちゃヘタ』『違和感が半端ない』などと賛否両論、物議を醸しました。同作のキャストは、撮影前に方言指導者に吹き込んでもらった台詞の音源を聞いて練習したそうですが、栃木出身の大島は苦戦したようです」(同)

 また、“演技派”と評されることも多い大阪出身の高畑充希も、19年10月期の主演ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)で披露した新潟弁に苦言が続出。同作では、新潟の離島出身の主人公を演じた高畑が、故郷に住む祖父にファクスを送る場面で「じいちゃん、体のぐええ(具合)はどうら? 今日初任給が出たすけ送るね。じいちゃんの作ったコッロケが食べてぇ」という台詞をアフレコで披露していた。

「放送当時、ネット上では地元の出身者から『エセ新潟弁が気になってドラマに集中できない』『聞き馴染みのない不自然な新潟弁』『そんなイントネーションじゃないんだよ!』と不満が噴出しました。ただ、同作の場合は高畑の努力不足というよりは、制作側が方言のリアリティを重要視していなかったことが要因といえそうです」(同)

ユートピア
視聴者の耳は厳しい……
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

香里奈、大島優子は「関西弁に違和感」!? 高畑充希は“エセ新潟県”!? 方言の演技が物議を醸した俳優のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!