『ザ・ノンフィクション』レビュー,

『ザ・ノンフィクション』さよなら、おめでとう、が軽く言える関係が持つ癒やし「『おかえり』の声が聞きたくて ~歌舞伎町 真夜中の処方箋~」

2021/11/08 18:40
石徹白未亜(いとしろ・みあ)
『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)公式サイトより

 日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。11月7日の放送は「『おかえり』の声が聞きたくて ~歌舞伎町 真夜中の処方箋~」。

あらすじ

 歌舞伎町にある、夜だけ開く「ニュクス薬局」。ビルの1階にあるニュクス薬局以外のテナントは全てホストクラブで、店が静かだと階下、階上から深夜シャンパンコールの声が漏れ聞こえることもあるという。「ニュクス」はギリシャ神話の夜の女神の名前だ。

 薬局を訪れる客の8割は女性で、ほとんどが夜の街で働く人たちだ。店主の中沢宏昭は彼女たちから「歌舞伎町のお父さん」と慕われ、彼女たちの話を穏やかな表情で聞いている。そんな中沢のもとを訪ねる女性たちを見つめる。

 23歳の智花は正社員で販売の仕事をしているが、気持ちの浮き沈みが激しく高校生のときから心療内科に通っている。むなしさから酒に逃げてしまうと話し、歌舞伎町のホストクラブに通い、泥酔状態で薬局に来ることもある。ホストクラブに通う資金のため夜職も始め、働きづめだ。

 病院から智花に処方された薬は1週間分しかなく、これは医師が1週間以上放置できない状態だと診ている可能性があると、中沢は状況を案ずる。過去に中沢の店を訪ねていた女性の中には、自ら命を絶った人もいたという。

 34歳のひろみは、初回取材時、ひどくぐったりと疲れた様子で薬局の椅子に座っていた。ひろみは大学卒業後に就職するも、パワハラがひどい職場で調子を崩してしまい、現在は仕事を辞め、生活保護で暮らしている。パニック発作があるため、外出は病院と食品の買い物、中沢の薬局に行く月2回だけだ。2週間ぶりの外出で気が張っている中、中沢との会話で、ほっとしていくひろみの様子が伝えられていた。

 23歳のアヤは、歌舞伎町で男と暮らしていたが、日々財布から金を抜かれていたそうで、その総額は100万円以上にも及ぶようだ。「何だったんだろうね、この2年間は」と苦笑いを浮かべ、男との別れを機に歌舞伎町から離れる決断をしたという。中沢にさよならを告げるために店を訪ね、元気で、と言葉を交わす。

 歌舞伎町は新型コロナウイルス感染症の感染拡大において、矢面に立たされた街でもあり、ニュクス薬局も売り上げが前年の半分になってしまった月もあったという。さらには物件の契約更新がかなわず、中沢は薬局の業務後、新店舗を探す忙しい日々を過ごす。

 幸い今の物件から1分程度のところに新しい物件を借りられたものの、元がタピオカ店だったため改装費用だけでかなりかかってしまい、引っ越し作業は中沢自ら行っていた。

 移転当日、智花は薬局を訪ねて移転祝いを渡す。智花は一時、オーバードーズで救急搬送されるなど不安定な状況も続いていたが、今は夜職もやめ、途切れがちだった通院もまた開始しているという。中沢が自分の話を聞いてくれたことが、それらのきっかけになったようだ。

福田智弘 深夜薬局 歌舞伎町26時、いつもの薬剤師がここにいます Book
ホストに金を払うのも「あなたと私だけのやりとり」のため?
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『ザ・ノンフィクション』さよなら、おめでとう、が軽く言える関係が持つ癒やし「『おかえり』の声が聞きたくて ~歌舞伎町 真夜中の処方箋~」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 『ザ・ノンフィクション』レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!