『二月の勝者』レビュー

成績トップ2の生徒がテストで最下位転落、自傷行為……黒木がかけた“再起の言葉”『二月の勝者-絶対合格の教室-』

2021/11/06 18:30
桜田モモ (さくらだ・もも)
『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系)公式サイトより

 中学受験をリアルに描く連続ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系、土曜午後10時~)。第2話では、中堅中学受験塾「桜花ゼミナール吉祥寺校」の下位クラスに在籍する鉄道好きの生徒・加藤匠(山城琉飛)が、校長でスーパー塾講師の黒木蔵人(柳楽優弥)の戦略によって受験に意欲を持つ様子が描かれた。「塾は営利目的の企業」とはばからない黒木だが、成績不振の生徒を「できない子」と決めつけずにやる気を引き出す手腕は見事だった。

第3話あらすじ

 第3話では、最上位のΩクラスに在籍する前田花恋(田中絆菜)が、黒木の古巣・大手名門塾「ルトワック」への転塾を考え、体験授業を受ける。桜花ゼミナール吉祥寺校ではトップを争う花恋も、ルトワックの授業速度には苦戦し、テストの点数は最下位。講師から名前を覚えてもらえず、「その他大勢」の扱いをされる。

 負けん気の強い花恋は「落ちこぼれになんかなりたくない」と奮起し、医師の母親(高岡早紀)の忠告を無視して深夜遅くまで机に向かうが、知らず知らずのうちにシャーペンで自分の太ももを傷つけていた。

 花恋の転塾情報を聞いても静観していた黒木だが、花恋の自傷行為を知ると、「そろそろなのかもしれませんね」と始動。学校をサボり、疲れ切った表情で街を歩く花恋の前に現れると、疲労回復の効果があると甘酒を差し出し、花恋の顔色の悪さを気にかける。

 「あたし、自分で頑張りたくてやっていることなのに、何で止められなきゃいけないの!」と食ってかかる花恋に、黒木は「ほんとにそうだよね」と共感し、花恋の心の叫びを代弁してみせる。

「勉強ができる子は何で褒めてもらえないんだろう? リレーの選手に選ばれたらすっごく褒めてもらえるのに。合唱コンクールでピアノ弾いたらクラスのヒーローなのに。クラスで一番足が速いとか、一番に逆上がりできた子みたいに、クラスで一番勉強できると褒めてくれればいいのに。文化祭で劇の主役に選ばれた子みたいに、運動会で応援団のリーダーやった子みたいに、私を褒めてって、思うよね」

 黒木は目線を花恋の高さに合わせ、そのまま“セールストーク”を展開する。「花恋にはトップが似合っている」「その他大勢の中なんて花恋の居場所じゃない」「花恋は女王になれるところでしか輝けない。花恋は女王様だ。少なくとも僕や桜花にとっては。花恋の席、まだ空けて待っているよ」と。

 自分の気持ちを受け止めて的確に言い表し、居場所を用意してくれる黒木の“揺さぶり”を受け、花恋は桜花ゼミナールに復帰した。黒木は最初から、花恋には競争を煽るルトワックより褒めて伸ばす桜花のほうが適していると見抜いていたが、花恋自身が納得できるタイミングを計り、声をかけたのだ。

二月の勝者 -絶対合格の教室- コミック 1-8巻セット
勉強できる子を表彰したっていいのにね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

成績トップ2の生徒がテストで最下位転落、自傷行為……黒木がかけた“再起の言葉”『二月の勝者-絶対合格の教室-』のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビューのニュースならサイゾーウーマンへ!