老いゆく親と、どう向き合う?

姉との関係はずっと悪かった――姉妹で「連絡を取らないよう」仕向けていた母の意図とは?

2021/10/24 18:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman
写真ACより

“「ヨロヨロ」と生き、「ドタリ」と倒れ、誰かの世話になって生き続ける”
――『百まで生きる覚悟』春日キスヨ(光文社)

 そんな「ヨロヨロ・ドタリ」期を迎えた老親と、家族はどう向き合っていくのか考えるシリーズ。

 前回「仲良し姉妹の『3世帯同居』、母の介護も『妹と協力していけば大丈夫』と思っていたが……」では、仲の良かった姉妹が「他人のはじまり」となるまでを紹介した。逆のパターンもまたある。それが竹本多恵子さん(仮名・56)と姉の志津子さん(仮名・58)だ。

姉との関係はずっと悪かった

 多恵子さんは長い間姉の志津子さんとの関係がギクシャクしていた。父親を20年前に亡くして以来、一人暮らしをしている母・久江さん(仮名・80)のところに行くたびに、「志津子からこんなひどいことを言われたの」「志津子はあなたのことも悪く言ってたわよ」などと姉の愚痴を繰り返し聞かされていたからだ。

「母は昔から気性が激しく、私や姉は幼いころから母にどれだけ泣かされたかわかりません。そんな偏狭な性格が、年を取るにつれてますますひどくなっているんです」

 多恵子さんは母親に振り回されてばかりだとため息をつく。ご近所ともめるのもしょっちゅうだ。

「先日などはお隣のご主人を呼びつけて何時間も怒鳴り続けていたというんです」

 そのたびに多恵子さんは菓子折りを持って、ご近所に頭を下げてまわっている。「何かあれば、私に連絡をしてください」と言い添えるのも忘れない。事態を悪化させないためには、仕方ないことだと諦めの境地だ。

 にもかかわらず、久江さんは多恵子さんが間に入るのも気に食わないようで、逆に「謝る必要なんかない」と多恵子さんを怒鳴ることもあるという。

 そんな気苦労を姉はまったくわかっていない。それどころか、久江さんの機嫌を悪くしてばかりではないか――と不満を抱いていたのだが、同じように姉も多恵子さんに対してくすぶった気持ちを抱えていたとわかったのはここ数年のことだ。

「あるとき、母は私に姉の悪口を言うように、姉にも私の悪口を言っているのではないかと思い当たったんです。私と姉が母から距離を置かないよう、私と姉があまり連絡を取らないようにしているんじゃないか。母の性格を考えれば、そう考える方が自然です。そんな単純なことにこれまで気がつかなかった自分にあきれました」

 そうすると、久江さんのことも少しずつ客観的に見ることができるようになった。

「母の言うことを真に受けて、駆け付けたり、ご近所との仲裁に入ったりしているうちに、母は自分がいつも注目を浴びていないと気が済まないんだということが見えてきたんです」

母が認知症、家族はボロボロ 〜親が認知症を発症したら家族に襲いかかる100のこと〜
この母が若かったらインスタで承認欲求爆発させてそう……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

姉との関係はずっと悪かった――姉妹で「連絡を取らないよう」仕向けていた母の意図とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 老いゆく親と、どう向き合う?のニュースならサイゾーウーマンへ!