[ジャニーズ最新言行録]

嵐・相葉雅紀、冠番組20周年で“新ユニット”結成&即日解散!? 「1回止めて!」と大爆笑のワケ

2021/10/04 13:30
華山いの(はなやま・いの)
嵐・相葉雅紀、冠番組20周年で新ユニット結成&即日解散!? 「1回止めて!」「何やってたの」と大爆笑のワケの画像1
長寿番組の域に入った相葉さんのラジオ

 嵐・相葉雅紀がパーソナリティを務めるラジオ『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』(文化放送)。10月1日深夜放送回では、2001年10月のスタートから同番組が20周年を迎えたことを記念し、番組スタッフと結成した楽器演奏ユニット“フィナンシェ”で嵐の楽曲「カイト」の演奏が行われた。

 番組冒頭、「リスナーのみなさんのおかげで、この番組、20周年を迎えることができました。ありがとうございます」と感謝を伝えた相葉。番組開始当初は「まさかこんなに長く続けさせていただけるとは思ってなかった」といい、スタッフも「まさか20年もお付き合いすることになるとは。その間に、相葉さんが『紅白(歌合戦)』の司会までするようになるとは思わなかったですよ、20年前は」と感慨深げに語った。

 嵐のデビューから約1年後に始まった同番組だが、相葉も「(当時は)20年も、そもそもこの仕事に携わってられるかわかんなかった」とか。さらに、当初“1人しゃべり”が苦手だったという相葉は、スタッフに「ちょっと一緒にしゃべってくれよ」とお願いし、今や相葉のパートナーとしておなじみの“チカさん”や放送作家に、相づちやリアクションをしてもらう形になったという。

 この話題から、相葉は「今考えるとヤバいね。全部1人で(ラジオを)やってくって、相当大変だよね」「リアクションがないからさ、イジることができないし、イジられることもできないしさ、一方的にしゃべっていかないといけないわけでしょ? やられてるDJの方、たくさんいるけど、すごいなそれ。尊敬しますよ」と、1人でトークするタイプのDJを称賛。さらに、同番組について「すごい楽しいよ。ここでしかできないこともたくさんやってるしね」「紘くんとの出会いもここだしさ」と言い、この番組をきっかけに交流を深めた人気声優・下野紘の名を挙げながら、しみじみと語った。

 その後、相葉はこの回のためにラジオスタッフと結成したリコーダーとピアニカのユニット“フィナンシェ”で、「カイト」を演奏することに。実は、02年に相葉が20歳を迎えた際も同番組では「エリーゼのために」を披露するピアノリサイタル企画を行っており、今回、その音源が流れると、何度も間違えては最初からやり直している自身の演奏を受けて「今回、これを超えたいよ。これを超えよう!」と意気込んでいた。

ARASHI Anniversary Tour 5×20 (通常盤 Blu-ray)【Blu-ray】
ニノの『BAY STORM』(bayFM)は来年で20周年!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

嵐・相葉雅紀、冠番組20周年で“新ユニット”結成&即日解散!? 「1回止めて!」と大爆笑のワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ相葉雅紀のニュースならサイゾーウーマンへ!