ママ友グループLINEから

保育園で娘が濃厚接触者に! ワクチン未接種で“家庭内感染”に怯える母親を襲った、ママ友からの“恐怖LINE”

2021/08/29 18:30
池守りぜね(いけもり・りぜね)

今や日常生活において、かかせないツールとなっているコミュニケーションアプリ「LINE」。かつては子どもの送迎時に、ママたちが立ち話をしているような光景が見かけられたが、時間に追われ忙しく過ごす共働き世帯が増えた今、ママたちのコミュニケーションの場は、LINEのグループチャットになっているという。そんな、ママたちの「グループチャット」から浮き彫りになった、彼女たちの悩みや、苦悩、気になる話題を覗いてみる。

写真ACより

 いまだ感染が拡大している新型コロナウイルス。徐々にワクチンの接種が進んではいるが、現状では12歳以下の子どもは接種対象外となっている。ウイルスに感染した子どもが重症化するケースは成人と比べると少ないようだが、未就学児や小学生、中学生の子どもを持つ親たちは、大きな不安を抱えていると報じられている。今回は、「子どもが通っている保育園で、コロナウイルス陽性者が出た」という女性のエピソードを紹介する。

「いつか希望の仕事に戻りたい……」パートをしながら子どもを保育園に預けるママ

 首都圏に住む恵美さん(仮名・35歳)は、1歳になる娘の育児をしながらフルタイムのパートタイマーとして働いている。

「結婚前は編集プロダクションに務め、いろいろな出版社から依頼を受けて書籍や企業の冊子などを作っていました。やりがいはあったのですが、残業や休日出勤も多く、妊娠をきっかけに退社。今は、近所の生花やガーデニング用品を専門に扱うホームセンターで働いています」

 恵美さんのように、妊娠や出産がきっかけで、正規雇用から時短勤務や派遣社員などの“非正規雇用”で働くようになった人は多いだろう。

「保育園に入園するまでは、周りは大手企業に勤務するようなキャリア志向のママさんたちばかりかと思っていたのですが、自分のようにフルタイムで働くパートタイマーや、派遣社員のママさんもいることがわかり、立場が近いママとはLINEでもよくメッセージを送り合っています」

 特に去年は、コロナ禍の影響で、あえなく仕事が休業になってしまった人も、少なからずいたという。

「私も店が休業した期間があり、その時は収入も減りました。ママ友とは『仕事がなくなって保育園を退園することになったらどうしよう』と、LINEで互いの不安を吐き出し合っていましたね」

 ママ友とは、“2人目を作るかどうか”ということも話すそうだ。

「私も2人目が欲しいと思うのですが、コロナ禍の中で妊娠するのが不安なのと、仕事もどうなるのかわからないため、子作りには積極的になれないでいます……。最近、2人目の子どもを出産したママが、同じクラスにいたのですが、ほかのママ友と『今の時期に出産するのは怖いよね』ってLINEをしています」

 なお、恵美さんの夫は自動車販売店に勤めているため、休日出勤もあるという。

「うちは共働きのため、娘が0歳の頃から大型の保育園に預けています。出産をきっかけに、夫の地元へ引っ越したのですが、夫の実家は工場を経営していて、まだ両親とも働いているので娘の育児は頼めないんです。私の実家は北関東なので、気軽に親に来てもらうこともできません。そのため、保育園にどうしても子どもを預けたかったんです。いつかはまた編集の仕事もしたいと思っているし、復職のためにも退園は絶対にしたくないので、今の仕事を続けています」

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

保育園で娘が濃厚接触者に! ワクチン未接種で“家庭内感染”に怯える母親を襲った、ママ友からの“恐怖LINE”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ママ友グループLINEからのニュースならサイゾーウーマンへ!