話題の映画をレビュー!

映画『ハニーレモンソーダ』主演のSnow Man・ラウールに「一抹の不安」……大ヒットの裏で賛否が分かれるワケ

2021/08/19 19:30
ニューまどれーぬ
映画『ハニーレモンソーダ』公式サイトより

 少女漫画雑誌「りぼん」(集英社)で2016年2月号から連載中の『ハニーレモンソーダ』(村田真優)の実写映画が7月9日に全国公開された。

 本作は、とある高校を舞台に、中学時代にいじめられていたマジメ女子と、クールで人気者な金髪男子が織りなす“胸キュン”青春ラブストーリー。髪はレモン色、基本的には塩対応でソーダのようにさっぱりとした性格ながら、実は誰よりも優しい“レモンソーダ男子”の主人公・三浦界を、ジャニーズグループSnow Manのラウールが演じている。また、界に出会い少しずつ変わっていく“原石系女子”のヒロイン・石森羽花を吉川愛、2人をとりまく共演者には、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美ら人気実力ともに兼ね備えた若手俳優たちが集結した。

 監督を務めるのは、山本美月とHey! Say! JUMP・伊野尾慧が主演した『ピーチガール』(17)、King&Prince・平野紫耀の映画初主演作『honey』(18)など、高校生の青春ラブストーリー×ジャニーズタレントの起用に定評のある神徳幸治氏。KAT-TUN・亀梨和也と土屋太鳳が年の差カップルを演じた『PとJK』(17)、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人や神尾楓珠ら注目のイケメンたちが出演する『私がモテてどうすんだ』(20)を手掛けた脚本家・吉川菜美氏とのタッグで、青春の甘酸っぱさや葛藤の中に主人公たちの成長を感じ取れる作品を作り上げている。

原作ファンとSnow Manファンのレビュー濃淡、実際の内容やいかに!

 原作は、累計発行部数700万部を突破した人気作だけに、実写映画化および主要キャストが発表された際、「三浦界は実写不可能」「原作の世界観が壊れる」「好きな漫画でも実写化してほしいかどうかは別」と、ネット上には原作ファンからの反対意見が散見された。

 一方で、Snow Manファンはラウールの映画初単独主演作ということもあり、今回の大抜擢について「漫画もラウールも好きなのでうれしい」「原作読んで予習する」など盛り上がりを見せていた。

 公開前から対照的な反応をみせていた両ファン陣営だが、実際のところ気になる映画の内容はどうなのだろうか。個人的には過去、ジャニーズ若手俳優×原作漫画(青春ラブストーリー)の実写映画を数々手がけてきた神徳監督が指揮をとるということだったので、原作をいい具合にリアルに落とし込んで割と良い映画になるのでは……? と思いつつ、演技未知数であるラウールの実力はいかがかしら……? と期待を胸にいざゆかん映画館! 今回は前評判を踏まえつつ、原作ファンでもSnow Manファンでもない筆者がフラットに感想を述べたいと思う。

映画 ハニーレモンソーダ オリジナル・サウンドトラック
観客動員75万人&興行収入9.3億円突破だそうですよ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

映画『ハニーレモンソーダ』主演のSnow Man・ラウールに「一抹の不安」……大ヒットの裏で賛否が分かれるワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズカルチャーSnow Manラウールのニュースならサイゾーウーマンへ!