早いとこコメント発表したほうが身のためでは……

片瀬那奈、『彼女はキレイだった』番宣でも「言及NG」扱いに!?  『未満警察』伊勢谷友介に続く“薬物トラブルでSexy Zone・中島健人には同情の声も

2021/08/03 20:31
サイゾーウーマン編集部

 7月29日発売の「週刊文春」(文藝春秋)により、“薬物使用”の過去が報じられた片瀬那奈。本人をはじめ、周囲の関係者はいまだ沈黙を守っているが、現在出演中の連続ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)の関係者によると、「片瀬は現場で、腫れ物に触るような扱いとなっている」(テレビ局関係者)とか。8月3日現時点では、降板に関する情報は一切出ていないが……。

「片瀬をめぐっては、7月22日にニュースサイト『文春オンライン』が、同棲していた男性が同3日にコカイン所持で逮捕されていたとスクープ。さらに29日発売の『文春』は、片瀬自身も15年ほど前から大麻やコカイン、MDMA、LSDを使用していたと、知人の証言とともに報じています。片瀬の所属事務所は『文春』の取材に対し、片瀬自身も交際相手の男性の逮捕時、薬物検査を受けたことは認めたものの、薬物使用疑惑に関しては、言及を避けている状態です」(スポーツ紙記者)

 29日の報道以降、出演ドラマ『彼女はキレイだった』のPR活動に、少なからず支障が出ているという。

「出演者のインタビューやドラマの撮影現場レポートなど、雑誌等の活字媒体で番宣の特集が組まれているのですが、報道以降は『片瀬に言及した部分を使用しないでほしい』といった注文が、制作サイドや共演者の事務所から寄せられるようになりました。現在もドラマの撮影は続いていますが、片瀬の進退に関しては、誰にも判断がつかないのでしょう」(前出・局関係者)

 片瀬が薬物疑惑について「否定」せず、言及を避けていることが、扱いに苦慮する要因のようだ。

「『週刊文春』は現在も片瀬について取材を続けているという説もあるだけに、彼女サイドは『ヘタに否定すると、続報を出されたときが怖い』と考えているのかもしれません。決定的な続報が報じられなければ、このまま最終回まで撮影や放送は続くことが考えられますが、本当に片瀬が“完走”できるかは、誰にもわからない状況です」(同)

 また、同ドラマで小芝風花とダブル主演を務めるSexy Zone・中島健人には、一部関係者から同情する声も上がっているという。

「中島は、20年にKing&Prince・平野紫耀とダブル主演した連ドラ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)で共演した伊勢谷友介が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、一部地域で最終回の放送が見送られるというトラブルに巻き込まれています。またしても共演者に薬物絡みのトラブルが発生し、ドラマに影響を及ぼしかねない事態に陥ってしまいました」(スポーツ紙記者)

 東京五輪中継の影響から、『彼女はキレイだった』第5話は8月10日に放送予定。公式サイトで公開されている予告映像では、片瀬の姿も確認できるが、果たしてその時までに状況は変わるだろうか。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2021/08/03 20:31
夏のハイドレンジア (通常盤)
今度こそしっかり完走させてあげて……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

片瀬那奈、『彼女はキレイだった』番宣でも「言及NG」扱いに!?  『未満警察』伊勢谷友介に続く“薬物トラブルでSexy Zone・中島健人には同情の声ものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! フジテレビ芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!